Home > cup > | +type > Regular Archive

Regular Archive

#cup196:曙:高澤酒造場

曙(あけぼの):高澤酒造場曙(あけぼの):高澤酒造場

すみれの花があしらわれたデザイン。いわゆるフラワーカップと呼ばれるタイプのカップ酒だ。すみれの花は好きな花なので、好印象。

すこし苦味が感じられるが、いやな感じではない。食中酒にあいそうな味。基本的には辛口の酒なのだが、蔵のサイトの解説によると燗にすると甘みが出てくるとのこと。

蔵があるのは、富山湾に面した寒ブリで有名な氷見。氷見の漁港のすぐそばにある。この時期は寒ブリのシーズンだから、氷見のどこかで「曙」を熱燗にしたりして味わうといいのかもしれない。能登半島に旅行に出かけて、氷見の魚市場に行く途中にたまたま車窓に見かけた造り酒屋に立ち寄ったところプリントタイプのカップ酒があったのを幸い購入したもの。蔵のサイトによると、ここの蔵元は杜氏も兼任するいわゆる蔵元杜氏。立ち寄ったときは夏の終わりごろだったので(蔵の仕事が何もないころ)、もしかしたらこのカップ酒を買いにいったときに店頭にいたのは蔵元だったのかもしれない。

明治 5 年(1873)の創業だが、「曙」はその当時からの銘柄。曙の横綱昇進記念のパーティーにこの蔵の「曙」の四斗樽が使われたのだそうだ。

カップお気に入り度:★★

  • 高澤酒造場
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:14 - 15 度
  • 日本酒度:± 5.0
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:麹米・五百万石、掛米・てんたかく他
  • 精米歩合:70 %

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup195:雪雀:雪雀酒造

雪雀(ゆきすずめ):雪雀酒造雪雀(ゆきすずめ)

蔵のある松山市のシンボル、松山城をあしらったデザイン。前景には花が咲いている。何の花だろうか。桜には見えないけど、どうもこの角度から天守閣を見たときに前景に位置する場所には桜の木が植えてあるようだ。青とオレンジの組み合わせはかなり珍しいもの。

辛口の酒が増えてきている中でいまどき珍しい甘口の酒。とはいえ、日本酒度はプラスにもマイナスにも振れていない。酒だけで味わっていると甘みが前面にでてきてしまうが、ナッツと合わせると気にならない程度。味は濃厚といった風情ではなく、あっさりめ。うっすらと苦味が残っている。冬の冷やということで、ほぼ冷酒の温度で飲んでみたわけだけど、正解だったかも。

この蔵は大正 4 年(1915)の創業で、創業当初は「雀正宗」という銘柄。これは「雀の酒造り」という昔話にちなんだものだったらしい。昭和 6 年(1931)に蔵元と交流のあった当時の首相・犬養毅により「雪雀」と命名されたとのこと。

このカップ酒は、「日本酒チャンピオンズカップ 2008」でいただいてきたもの。

カップお気に入り度:★★

  • 雪雀酒造株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:± 0
  • 酸度:1.4
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:北錦・松山三井
  • 精米歩合:65 - 70 %

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup194:道灌:太田酒造

道灌(どうかん):太田酒造道灌(どうかん):太田酒造

陶器の器のカップ酒というのは、有田焼を使った NOMANNE というのが有名だけど、それ以外にはあまり見たことがない。白い陶器なのでまるで湯のみのよう。器に描かれているのは、彦根城。滋賀県草津市の蔵なので、近くの彦根の名城を使ったということなのだろう。他にも紙ラベル(太田道灌の絵がプリントされている)のカップ酒も出しているようだけど、これは限定品なのかも。これを買った酒屋の人が、「このカップじゃ原価割れだよ」と言っていた。確かにその店での価格は 300 円ぐらいだったような気がする。売れ残りだったのだろうか。

太田道灌の絵が描かれたカップ酒のデザインは、有名な山吹伝説に因むもので、雨の中蓑を所望した道灌に山吹の花を差し出す娘の絵があしらわれたもの。

淡い黄色の酒。陶器のカップのおかげで緑茶のように見える。甘みと苦みを感じる。下の上で味わうと、しっかりとしたボディがある。

太田道灌公の末裔である太田若狭守正長がこの地の関守として江戸時代初期にこの地に根付き、後に東海道の宿場町である草津で酒造りを始めたときに太田酒造の歴史は始まるらしい。日本酒から焼酎、ワインまでを造る蔵。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup193:三波石:田島酒造店

三波石(さんばせき):田島酒造店三波石(さんばせき):田島酒造店

青でプリントされ、銘柄名の文字の部分からは向こう側が透けて見えるデザイン。けっこう好きなパターンのデザイン。

カップには「芳醇清酒」と書かれているが、さてさて。芳醇というにはすこし弱いような気もするけど、飲みやすい味わい。これもまた普段遣いの酒。

蔵の創業は天保 8 年。1835 年だから幕末期。元々この蔵で造っていた酒は「竹に雀」という銘柄だったらしいが、昭和 13 年より「三波石」に改称したらしい。この三波石というのは、地元を流れる三波川の流域で採石される青緑色の変成岩だそうで、庭石に使われるような石のことらしい。

このカップ酒はあまり出回っていないのか、すぐ近くの高崎では見かけることがなかった。駅の中や駅周辺のデパートなんかを探してみたけどまったく見つからないので、藤岡まで行ってようやく買うことができた思い出の品。群馬藤岡駅は JR 八高線で運行本数が少ない。あとすこしで高崎なのに、バスの便も非常に少ないけっこう不便な町だったのが印象に強く残っている。駅からすこし歩いたあたりにあった昔からの酒屋で買ったもの。

カップお気に入り度:★★

  • 合名会社田島酒造店
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:+1
  • 酸度:1.3
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:70 %

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup192:宗玄:宗玄酒造

宗玄(そうげん):宗玄酒造宗玄(そうげん):宗玄酒造

カップに描かれている特徴的な形の島は、見附島。その船首のような形から軍艦島とも呼ばれているとのこと。島に渡れるように、石が並べてあるのも描かれている。実際には、島まで辿り着いても、上に登ることはできないようだ。というのも、この島は珪藻泥岩でできており、脆いためロッククライミングのようによじ上ることができないのだそうだ。カップのイラスト自体は上手いものではないが、地元の名所が描かれているのはいかにも地酒らしくて好きなタイプ。

味のほうはというと、辛口で旨味もあり、おいしいカップ酒。若干、舌の上に味が残るような気もするけど、飲み応えのある味わいなので、気になるほどではない。常温で飲んでいるけど、いかにも燗映えのしそうなおいしさだ。県下ではとてもポピュラーな酒で、至るところで販売しているので、入手は容易だ。

蔵元は、戦国時代に七尾城主であった畠山義春の末裔だそうだ。上杉謙信の侵攻に遭い、珠洲に逃れ、宗玄と改姓したという。明和 5 年(1768)に酒蔵を興したとのことなので、かなり歴史のある蔵だ。能登杜氏を輩出するこの地で長きに渡って、地元の水と米を使って、旨酒を醸してきたとのこと。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup191:松乃井:松乃井酒造場

松乃井(まつのい):松乃井酒造場松乃井(まつのい):松乃井酒造場

菱形の井戸の形を意匠した紋の上に赤字で銘柄名があしらわれている。その後ろには松の木が細かく描かれている。松の葉が線香花火のようできれいなデザイン。銘柄名以外は白で描かれているので写真だと見えにくいが、なかなか繊細なデザイン。

新潟のカップ酒は、端淡辛口の酒をベースにした普通酒が入っていることが多く、薄っぺらい味のものが多いので、期待せずに飲んでみたけど、思いのほか旨みの感じられる酒だった。ふだん着の酒としていい感じ。つまみにほろほろ漬けをあわせてみたけど、偶然にもどちらも十日町の産。

米所の地の利を活かして、手作りの酒を醸している小さな酒蔵。地酒ブームのころに東京の百貨店からの取引のオファーを断り、地元重視の姿勢を貫いたという小造りの蔵なのだそうだ。「八海山」や「久保田」とかが東京進出した時代の話かな。

越後湯沢経由で野沢温泉に行ったときに、十日町のスーパーで購入したもの。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup189:越乃景虎:諸橋酒造

越乃景虎(こしのかげとら):諸橋酒造越乃景虎(こしのかげとら):諸橋酒造

写真ではわかりにくいが、中央下の「景虎」の銘柄名の両脇には、長尾景虎(上杉謙信)の兜が左右にデザインされている。それ以外の部分は、「ワンカップ大関」スタイルの青地に白というデザイン。新潟のカップ酒によく見られる「New Cup」の文字も。

ひさしぶりの新潟の酒。辛口の酒。常温で飲んでいるが、普通酒らしい味で、特筆すべきポイントは特にない。普通酒は、個性が失われやすいから、せっかくカップ酒で飲む機会を得ても印象に残らない味になってしまっているものが多いのはとても残念。

この酒を醸しているのは、諸橋酒造。以前紹介した「越乃千禄」の蔵でもある。銘柄名の「景虎」は、もちろん、上杉謙信の元服名、長尾景虎。地元の英雄、上杉謙信にちなんでの命名。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup188:薫長:クンチョウ酒造

薫長(くんちょう):クンチョウ酒造カップ酒のデザインは、誰の作品なのかがわからないノークレジットのものが非常に多いが、これはかなり有名なお方の作品。なんと、東郷青児画伯。有名人デザインのカップ酒と言えば、ここで紹介したものだと奈良美智の「A to Z House」(六花酒造)とか、滝平二郎の「八木節」あたりだろうか。カップ酒のデザインとしてすばらしいかどうかは別にして、これほどの大物というのは珍しい。

かない淡い味。辛口ではあるが、新潟の酒のような淡麗辛口の切れ味鋭い感じではない。飲むとふわっと淡雪のように解けてしまう感じ......というのが近いだろうか。同じ大分県でも「西の関」とはまったく違う味(エリアが違うわけだから、当たり前だけど)。キャップを開けると、ふわっとアルコールの香りが漂った。これは、米起源のアルコールか、添加アルコールか......。でも、バランスは悪くない。この酒は、常温ぐらいで飲むのがいいのかも。冷酒で飲みはじめたけど、だんだんおいしくなってきた。

薫長(くんちょう):クンチョウ酒造この酒は、大分の酒。この前の GW に別府に遊びにいったときに「薫長」という地酒があることを知り、いろんな店に行っては見たけど、結局見つけられなかった一品。それを連休明けに大分出身の S さんにいただいた♪ 探しても見つからなかったものだったことに加え、東郷青児デザインという稀少性もあり、非常にうれしいいただきものだった。あとで調べてみると、日田の酒。別府からはずいぶん遠い内陸部。これには別府で入手しにくいのにも納得。

日田と言えば、天領。北部九州の各地を結ぶ交通の要衝として、政治・経済・文化の中心地として繁栄したとのこと。こういう古い街には酒蔵は何軒かあったりするけど、このクンチョウ酒造も歴史は古く、いまでも元禄年間に立てた酒蔵が現存しているらしい。この蔵も九州の日本酒の酒蔵らしく、焼酎も造っている。麦、芋、米と定番の原材料はもちろんのこと、サフラン焼酎や銀杏焼酎などといったものもあるようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup187:菊勇:菊勇

菊勇(きくいさみ):菊勇菊勇(きくいさみ):菊勇

青と白の花弁の細かい菊の花があしらわれたデザイン。シンプルな和柄パターンといったところだろうか。あまりおもしろいデザインとは言えない。

酒本来の味と添加アルコールがケンカしているというか、なんともアンバランスな味。舌でよく味わえば日本酒らしいの味も感じられるが、クイッと飲んでしまうとなんとも頼りない味。普通酒らしいと言えば普通酒らしい味。

菊勇は、山形は酒田の蔵。普通酒から大吟醸まで幅広く醸している。米焼酎も造っているようだが、おもしろいことに「きくいさみ」(ひらがな表記)というブランド名で出している。日本酒の蔵が焼酎も造るというのは珍しくないが、表記が違うとはいえ、同じ銘柄名を使うのは珍しい。

吉祥寺のアンテナショップで買い求めたもの。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup186:御園竹:武重本家酒造

御園竹(みそのたけ):武重本家酒造御園竹(みそのたけ):武重本家酒造

緑の地がプリントされ、抜きで青竹をあしらい、白で銘柄名と蔵の建物(国の登録文化財らしい)の外観が描かれている落ち着いたデザインのカップ酒。緑の色もモスグリーンに近い色合いなのがシックさを増幅している。

何となく飲む前から甘口なのではないかと思っていたのだけど、ほぼ想像どおりの味。その甘口にも理由があるようだ。昔からこの地域は、愛飲家が多かったとのこと。一日の日給でやっと酒が一本買えるか買えないか程度の収入しかない人たちに一日の重労働を終えたあとの一杯を提供したい。たった一杯で「旨かった」と満足できる酒は......と考えたときに、「甘口だろう」という結論に至ったらしい。だから御園竹は甘口で、味のある酒にしようと......という歴史があったみたい。いまは、すこし辛口になってきているみたいだけど、それでも甘口だなあと感じる。

この蔵では、生酛造りを基本としているらしい。カップ酒にボトリングされているのは普通酒だろうけど、その普通酒にも生酛造りの酒をブレンドして出荷しているらしい。そういうことなのかな。カップ酒ながらカップ酒にありがちなケンカをしている感じがないのは。

長野に遊びにいったときに立ち寄った小諸の駅前通りの酒販店でみつけたもの。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup184:八木節:永井本家

八木節(やぎぶし):永井本家八木節(やぎぶし):永井本家

群馬の沼田から三国街道を新潟に向けて進んでいくと、湯宿温泉、猿ケ京温泉、法師温泉と温泉が続く。その途上の酒屋で出会ったカップ酒が、この「八木節」。かなりお気に入りのデザイン。正面から見ると、さほどおもしろみのあるデザインだとは言えないけれど、右と左の側面のイラストが秀逸。先日(2009/05/16)逝去された切り絵・版画作家の滝平二郎の手になるもの。太めの青の輪郭線とアクセントとして使われている白の着色がとてもいい感じ。前々から細い線はカップ酒のデザインとしてはかよわすぎて適していないと思っていたが、このカップ酒により切り絵的なデザインというのが最も適しているのではないかと気づかされた。滝平二郎と言えば、記憶に鮮明に残っているのは『モチモチの木』。全体に暗い絵(表紙からして黒かった......)で、こども心にとてもコワい印象が強かったが、それと同時に『モチモチの木』が夜に放つさまざまな光の美しさもに記憶に残っている(紙の上の印刷で見てもきれいだったけど、きっとディスプレイ上で見ても楽しいだろう)。滝平二郎の絵はとても特徴的なので、一瞬見ただけでわかってしまう。店先でこのカップ酒を見つけたときも、「あ、『モチモチの木』」と思い出してしまったほど。

八木節(やぎぶし):永井本家八木節(やぎぶし):永井本家側面にどんな絵が描かれているかというと、こんな感じ。「八木節」とは、「栃木県足利郡御厨町字八木(現、足利市)から出た名称。江戸時代に例幣使街道にあたってた旧八木宿でおこなわれた盆踊りで、もと越後の「新保広大寺くずし」の口説節が土着したもので、八木宿に近い山辺村堀込(現、足利市)に、通称堀込源太(本名 渡辺源太郎)という馬方の美声がこれをひろめたといわれる」(出典:『世界大百科事典』・平凡社)とのこと。また、「はじめ 樽(たる)を縦にしてその鏡や胴をたたいて篠(しの)笛などを伴奏としたが......」とあり、それを忠実に描いたイラストもプリントされている。反対側にプリントされた傘を持った女性のイラストもいい。

味の方はと言うと、若干の甘味と苦味があるようだ。飲み口はすっきりしているかな。口に含んだ瞬間には、はっきりとした味があるが、キレもある酒。

カップお気に入り度:★★★

  • 株式会社永井本家
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup182:武蔵鶴:武蔵鶴酒造

武蔵鶴(むさしつる):武蔵鶴酒造武蔵鶴(むさしつる):武蔵鶴酒造

青地に大きく白で「鶴」と大書されたシンプルデザイン。前から欲しいと思っていたが、なかなか手に入らず、蔵のある街まで出かけてようやく購入。青地に「鶴」のデザインは、以前紹介した「千代鶴」と同じだが、やはりこの「武蔵鶴」の「鶴」の字のほうが圧倒的にかっこいいな。

添加アルコールのせいかすこしバランスが悪いような気がする。ベースの味と辛味のバランスがよくないのだろう。香りは水っぽい感じ。甘味がすこし。

蔵があるのは、埼玉の小川町というところ。古くから和紙の産地として栄えていたようで、そのおかげか酒蔵も 3 軒ほどある(武蔵鶴酒造晴雲酒造松岡醸造)。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup181:越の誉:原酒造

越の誉(こしのほまれ):原酒造越の誉(こしのほまれ):原酒造

褐色のお燗瓶。銘柄名を中心に赤でプリント。両脇に稲穂のついた稲あしらった、いいデザイン。お燗瓶は透明のガラスを使用したものが多いが、こういう褐色の瓶も一升瓶っぽくて、たまにはいいもの。

電子レンジで軽く温めてみた。香りは弱いが、かなり飲みやすい酒。辛口ですっきりした味わい。新潟の酒らしい味......といったところだろうか。普通酒だけど、バランスはよくとれている。食中酒に向いているかも。蔵のサイトでは、冷やもよいが、燗が最高だと書かれている。確かに燗ばえしそうな味。

蔵元の原酒造の創業は、文化 11 年(1814)年の創業。創業 200 年弱ということか。なかなかの歴史だ。ここの製品は、すべて「越の誉」という銘柄名を冠しているが、このお燗瓶は「酒母四段 銀」という名前の酒らしい。この蔵の製品中ではもっとも売れ筋の商品らしく、一升瓶、四合瓶、300 ml、紙パック、カップ酒......と豊富なラインナップで販売しているようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup180:澤乃井:小澤酒造

澤乃井(さわのい):小澤酒造澤乃井(さわのい):小澤酒造

白でプリントされたカップ酒(これはお燗瓶だけど)は、どうにも写真がうまく撮れない。これでは、どんなデザインだかよくわからないと思うので、もう 1 枚写真を用意したので、そちらをご覧いただきたい。中心に「澤乃井」の銘柄名を配し、左右にカニのイラスト。サワガニだろうか。けっこうこのカニのイラストがお気に入り。

先日うちの近所のフリーマーケットで、陶器やガラス食器を売っている人がいて、そこを覗いてみたら青緑でカニがプリントされたガラスのお猪口があって、これはなんだっけな......と思いながら買ってみた。たしかひとつ 20 円だったかな。うちに帰ってみると、「澤乃井」のお燗瓶に同じカニのイラストが。そうかそうか、「澤乃井」だったか。このお猪口はカニのイラストがくっきりプリントされていていい感じ。

澤乃井とオリジナルグラスお猪口ちょっと面倒だったので、レンジで手抜き燗に。いつもどおりの熱燗の設定にしたのに、えらく熱くなってしまった(とびきり燗クラス)。すこし冷めてきてから飲んでみる。味の方は、まあ普通かな。普段遣いの酒としては十分な味......といったところか。買ってからしばらく経っていたので、ちょっと黄色く変色してしまったのもよくなかったのかも。

「澤の井」を醸す小澤酒造は、東京は青梅の蔵。東京に住んでいるのでよく見かける銘柄だけど実際には飲んだことはなかった。日本酒以外には、「澤乃井」の酒粕と奥多摩のわさびを使ったわさび漬けなんてものを作っているのはおもしろい。飲食業も直営事業でやっていて、「ままごと屋」という店では、豆腐料理を売りにしているらしい。他にも「いもうとや」、「豆らく」なども。都心からもさほど遠くないという地の利を活かしたビジネスといったところだろうか。なかなか手広い。会社の住所を調べて気づいたことが。最寄り駅が「沢井」。それで「澤乃井」なのか。なるほど。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup179:北の勝:碓氷勝三郎商店

北の勝(きたのかつ):碓氷勝三郎商店北の勝(きたのかつ):碓氷勝三郎商店

ここのところエントリーがいままで飲んだカップ酒のデザイン違いが続いているが、写真のストックがないので仕方ない。お気に入りのデザインのカップ酒、根室の「北の勝」の再登場(中身は、前のといっしょの「鳳凰」)。前に紹介したものとは色違い。昆布の色が緑から白に。でもやっぱり緑色の方が海藻っぽくていいね。

花咲ガニのイラストを見ていると、形は違うが先日別府で食べたアサヒガニを思い出した。あのカニも味の濃いおいしいカニだった。

この酒を醸している碓氷勝三郎商店は、明治 20 年(1888)の創業。北海道、しかも根室でこの老舗っぷりはすごい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup178:國稀:国稀酒造

國稀(くにまれ):国稀酒造國稀(くにまれ):国稀酒造

さくらんぼのあしらわれたかわいらしいデザイン。ショートタイプのカップというのも、このデザインにはマッチしている。昭和テイストでいい感じ。

辛口の味。普通酒らしい奥行きのなさが悲しい。2 回めに飲むと酒は、初回と違った印象を持つときがよくあるが、この酒もそうで、前回は甘みを感じたのだが、今回はひたすら辛い。造りが違うのだろうか......と思ったのだが、調べてみたら前回紹介した「國稀」と違って、今回のこの「國稀」には「上撰」という冠がついていた。若干こちらの方が値段も高い。

国稀酒造の初代は、江戸時代末期の新潟出身。明治の世になり北海道に移住し、元々の商売であった呉服商の他に、荒物雑貨販売、海運業、ニシン漁など手広く商っていたとのこと。当時の北海道で飲める日本酒は本土からのもので、高価だったらしい。新潟出身も縁あって、酒造業も始めることになったようだ。なかなかの実業家だ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup176:飛騨の匠:渡辺酒造店

飛騨の匠(ひだのたくみ):渡辺酒造店飛騨の匠(ひだのたくみ):渡辺酒造店

ご当地デザインらしく合掌造りの家屋をあしらったカップ酒。そこに紫色で銘柄名がプリントされている。紫色ってあんまりカップ酒では使われない色。フラワーカップの花の色とかにたまに使われるぐらい。写真では確認できないが、脇には緑色でバーコードがプリントされている。バーコードなんて珍しくないと思われるかもしれないが、ガラスに直接バーコードがプリントされているカップ酒はかなり珍しいものだ。銘柄名の横には、「飛騨美酒 蓬莱・原酒にごり酒」とある。

写真からもわかるように相当にごり成分の多い酒。カップの 2/3 ぐらいは、白いにごり成分が沈澱しているのが見える。先日「七笑」のにごりを飲んだときに、にごり酒を飲んだのがひさしぶりだったせいか、にごり成分がとても多いように感じたが、これは「七笑」とは比較にならない濃さ。酒が口からなくなっても、舌の上や唇のあたりににごり成分が残っているような感覚がある。口に含んだ瞬間は甘く感じるが、さすが原酒ということか、かなりアルコール分を感じる。とはいえ、飲みやすい酒だ。

先に書いたとおりこの酒は「蓬萊」、「蓬萊 小町桜」と同じ渡辺酒造店のもの。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup175:宮の雪:宮崎本店

宮の雪(みやのゆき):宮崎本店宮の雪(みやのゆき):宮崎本店

前回紹介した「宮の雪」は、赤い花をあしらったフラワーカップだったけど、今回のは青い花。これまた何の花だかよくわからない。かわいいけど。

ひさしぶりに飲んでみたが、甘い......。とても甘い。甘口の酒もいけるほうだが、これはどうだ。砂糖水にアルコールが混ざっているかのような味わい。酸味もすこし感じるが、添加された酸味料のせいか。同じ酒を飲んでもそのときどきで違った印象を受けたりするが、これに関しては今回も前回も......。

この蔵は、大衆酒場で人気の「キンミヤ焼酎」で有名なだけあって、日本酒以外に焼酎も造っている。米や麦といったよくある材料だけでなく、ゴボウの焼酎なんてのも造っているみたい。「白髭」なる商品らしい。ゴボウで焼酎ねえ。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup174:七笑:七笑酒造

七笑(ななわらい):七笑酒造七笑(ななわらい):七笑酒造

前に紹介した「七笑」は清酒だったけど、こちらは濁り。カップのにごり酒はあまり好みではないのでどうかな......と思いながら飲んでみると、悪くない。にごり成分は多めでクリーミーな味わい。若干辛口といったところだろうか。

カップのデザインは、清酒と同じもの。「ワンカップ大関」タイプの青地に白文字のシンプルなもの。見ている間にけっこうお気に入りのデザインに。

イカの唐揚げとあわせて飲んでみたが、組み合わせはいまひとつ。こういう濃いめのにごり酒は何をつまみにするのがいいんだろうか......。

このカップ酒は、旅行中に馬籠宿かどこかの酒屋で買ったもの。「七笑」は長野県内ではどこでもカップ酒が買えるけど、そのほとんどは紙カップ。ガラスのカップは、地元木曽エリアでないと買えないのかな。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup173:十一正宗:森戸酒造

十一正宗(じゅういちまさむね):森戸酒造十一正宗(じゅういちまさむね):森戸酒造

ひさびさに記事をアップ。とはいえ、以前紹介した「十一正宗」の別デザインバージョン。あ、ご当地デザインの「日光旅物語」も入れれば、3 回めの紹介か。デザインが違うのでよしとしよう。

最初に紹介したのは、楓の葉がデザインされた秋っぽいデザイン。オレンジや赤が配色されていたが、こちらはリンドウをデザインしたもの。青と緑でクールにまとまっている。こういうフラワーカップは、花の図柄が全面に配されたものが多いけど、このカップは正面に銘柄名が堂々とプリントされている。そのあたりがお気に入り。

初回に飲んだときよりもおいしく感じる。「日光旅物語」を飲んだときにもこんなことを書いたけど、この違いはなんだろう。冷蔵庫の中で熟成したのかな。

カップお気に入り度:★★

  • 森戸酒造株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール・糖類
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup172:菊正宗:菊正宗酒造

菊正宗(きくまさむね):菊正宗酒造菊正宗(きくまさむね):菊正宗酒造

菊正宗のお燗瓶。このお燗瓶は、いままでに紹介したお燗瓶とはプロポーションが異なる。この瓶は、背が低いずんぐりむっくりタイプ。背が低く、体重(内容量:180 ml)はいっしょ。徳利の形をしているから注ぎ口の部分は同じ。となると必然的に胴回りが太くなる。愛嬌のあるデザインではある。

熱燗にすると、こどものころにかいだ日本酒に限りなく近い香りがする。懐かしいような......。大人はこんなの飲んで何が楽しいんだろう......と思ったものだけど、これは大人になっても......。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup167:舞姫:舞姫酒造

舞姫(まいひめ):舞姫酒造舞姫(まいひめ):舞姫酒造

とっくりの形をした「お燗瓶」の初登場。カップ酒を出している蔵の一部には、こうしたお燗瓶も販売しているところもある。お燗瓶は、丸いとっくりの形をしているところから、紙のラベルは貼りにくいためか、ガラスにプリントされているものばかり。なので、カップ酒ではなくても、コレクションの対象になる。きょうのお燗瓶は、諏訪の舞姫酒造の「舞姫」。

カップ酒だとあまり使われていない緑色のガラスを使ったお燗瓶。広げた扇の上に赤字で「舞姫」の銘柄名がプリントされている。ガラス瓶の緑色も加えれば、緑、白、赤といい感じの配色。前に紹介したカップ酒よりも数段いいデザイン。

お燗瓶ということで、電子レンジで熱燗にしてみる。すこし味が薄いような気もするけど、飲みやすい。温めたせいか、微かに甘みが出てきたようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup163:蓬萊:渡辺酒造店

蓬萊(ほうらい):渡辺酒造店蓬萊(ほうらい):渡辺酒造店

以前紹介した「蓬萊 小町桜」と同じ蔵のカップ酒。これには「小町桜」の銘はないが、基本的には同じデザイン。向かって右が古川気多若宮神社で、左が山王宮日枝神社。

控えめな甘さに添加アルコールの味。味はあるが、全体的には軽め。「小町桜」の味は忘れてしまったが、以前書いた記事を見てみると、すこし違う味のようだ。多分、個人的には「小町桜」のほうが好きな味なんだろう。でも、サイトを見るとこっちの「小町桜」でないほうが若干高いみたい......。

以前、下呂温泉に遊びにいったときに、街を散策していて小さな食料品店で発見したもの。メインの商品は食料品で、こんな店にカップ酒なんてあるのかな......と思いながら入ってみたら、これを買うことができた。やっぱり歩いてみるものだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup161:志賀泉:志賀泉酒造

志賀泉(しがいずみ):志賀泉酒造志賀泉(しがいずみ):志賀泉酒造

銘柄名のプリントのクオリティはいまひとつだが、そのバックにプリントされた切り絵のような図柄はなかなかいい。青でプリントされている部分と白でプリントされている部分があり、志賀の夏と冬を描いたものかと思われる。調べてみたが、チョウゲンボウのようだ。チョウゲンボウは、蔵のある長野県中野市の十三崖じゅうさんがけには、集団繁殖地があり、国の天然記念物に指定されているようだ。

甘めの造りの普通酒。醸造アルコールで増量した薄っぺらい味ではないが、自然な濃醇さとも違う。常温で飲むと甘さが際立つ。

この蔵は、そもそも共同瓶詰場として創業し、後に酒造を始めたらしい。清酒共同製造場という特異な組織だったようだ。いくつかの地酒の蔵が参加していたのだろうか。生産量の減少により、造りを昔ながらの方式にもどして、地元に愛される酒造りをしているとのこと。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup159:東獅子:元坂酒造

東獅子(あずまじし):元坂酒造東獅子(あずまじし):元坂酒造

桜をあしらったデザインのカップ酒はいくつかあるが、その中ではいちばんいいデザインだと思う。花だけでなく、若葉が元気に空に向かって伸びているのがいい。花見ならソメイヨシノのように若葉が出てくるよりも先に開花するソメイヨシノがいいけど、カップ酒のデザインとしては、花ばかりだと絵柄が単調になってしまう。その点、このデザインはなかなかいい。実際には、この裏側には花だけの枝もプリントされてはいるんだけど。目立たないところに、「清酒 東獅子」とプリントされているのもいい。通称、「花ちゃんカップ」。

甘味のある飲み口の酒。いやな甘味ではなく、アルコールの辛味を口に残して消えていく感じ。結構しっかりした味。

この酒を造っているのは、元坂酒造。「もとさか」、「もとざか」ではなく、「げんさか」と読むらしい。創業は、江戸後期の 1805 年。200 年以上の歴史を持つ蔵ということになる。この蔵のフラッグシップの銘柄は、「八兵衛」。純米大吟醸酒から本醸造酒まで幅広いバリエーションで造っている。三重県の大台町ということは、大台ケ原の近く。雨が多いんだろうなあ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup157:白馬錦:薄井商店

白馬錦(はくばにしき):薄井商店白馬錦(はくばにしき):薄井商店

カップにプリントされた地の色が半透明なのはとてもめずらしい。半透明ですこし向こう側が透けて見えるのもいいし、青というのもすっきりとしていい感じ。蔵のある大町あたりから望んだ白馬岳だろうか。冬の澄んだ青空にそびえる白馬岳といったイメージ。山の上に「日本の屋根から乾杯」とプリントされている。

しかし、酒の味のほうはさっぱりで、これといって特筆すべきポイントはない。うっすらと甘みの感じられる辛口の酒。以前に紹介したこの蔵の「白馬錦 純米吟醸・原酒生詰」はなかなかいい味だったのだが。

蔵は、白馬岳のお膝元の長野県の大町市にある。明治末期の創業。旨口の酒造りを身上としているとのこと。

浅間温泉のコンビニで遭遇して、購入したもの。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup156:都錦:都錦酒造

都錦(みやこにしき):都錦酒造

これも以前に紹介したカップ酒の再登場。偶然、別の柄のカップが入手できたので、ひさしぶりに飲んでみた。カップのイラストは、オオイヌノフグリ。前回のリンドウも、リンドウらしくない色遣いだったけど、このオオイヌノフグリもそれとはわからない色遣い。フラワーカップは数々あれど、野に咲く小さな花、オオイヌノフグリをデザインしたものはとてもめずらしい。

さらっと飲むとすっきりした辛口。すこし苦味を感じるけど、嫌な感じではない。前に飲んだときよりおいしいような気がする。

この蔵は、清酒だけでなく、花弁を使ったリキュールなども造っているが、料理酒にも力を入れているらしい。アミノ酸たっぷりの料理酒を使って料理をするととてもおいしい仕上がりになることは、大木代吉本店の「こんにちは料理酒」で学習済み。都錦の料理酒も純米酒。こっちの料理酒はどんな味かな。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup155:男山:男山

男山(おとこやま):男山男山(おとこやま):男山

ひさしぶりの「男山」。日本各地に同じ「男山」という銘柄の酒はいくつもあるが、これは北海道の「男山」。以前紹介したひまわりのイラストのフラワーカップの別バージョン。花の色がちょっと違うけど、形から判断するにカタクリの花だと思われる。本当はもっと薄い紫っぽい色なのだが、このカップではピンク色に彩られている。イラストのタッチが好きでないことと、磨りガラスを使っているところもいまひとつ......なのは前回同様。カタクリの花は、山の春を教えてくれる花でけっこう好きな花なんだけどなあ。下の写真は、山形の肘折温泉に行ったときに咲きほこっていたカタクリの花。

カタクリの花前回飲んだときは、アルコールが鼻についてしょうがなかった(と記録している)のだが、今回はそれほどには感じなかった。基本的には辛口だが、わずかに甘みも残っているように感じられる。しかし、やはりバランスがいいとは言えない。アルコールの辛さが勝ってしまって、口に残る。舌の上で味わわずにさくっと飲めば、まあまあ。

男山は、おそらく北海道で最大の酒造メーカー。江戸時代に伊丹で創業し、現在は旭川の地で営業している。そこには酒造り資料館という施設が併設されていて、創業以来の蔵の歴史とともに酒造りの歴史と文化を垣間みることができるらしい。喜多川哥麿の浮世絵や江戸時代の資料、文献、酒器などが展示されているとのこと。哥麿の浮世絵が面白いのだが、「名取酒六家選 若那屋白露 木綿屋乃男山」と題されたこの絵には「男山」の四斗樽が描かれている。「木綿屋乃男山」の「木綿屋」がこの蔵の前身。「木綿屋乃男山」は江戸時代初期から禁裏の御免酒であり、また江戸幕府の将軍の御膳酒として供されていたらしい。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup154:名倉山 にごり酒原蔵:名倉山酒造

名倉山 にごり酒原蔵(なぐらやま にごりざけげんぞう):名倉山酒造名倉山 にごり酒原蔵(なぐらやま にごりざけげんぞう):名倉山酒造

緑色のカップが特徴的。一升瓶や四合瓶ではおなじみの緑色のガラスも、カップ酒となると採用している蔵はそんなに多くない。そこに控えめに銘柄名がプリントされ、それよりも主張するサイズで「原蔵」とプリントされている。「原酒」ということらしい。シンプルでお気に入りのデザイン。やはり、カップの色が決め手。

甘い。甘酒といってもいいぐらいの感じ。原酒ということで、アルコール度数が高めなんだけど、この甘さのおかげで、度数の高さが気にならず、思いのほかすいすい飲めてしまう。甘味に隠れているが、酸味もすこしありそう。オンザロックで飲むのがオススメらしい。すこし前に紹介した「白真弓 合掌の郷」ほどの濁り成分はない。適量な濁り。

蔵のサイトがないので、断片的な情報しか入手できないが、「東北鑑評会 17 年連続受賞」とあり、いい造りをおこなっている蔵のように思われる。清酒の「名倉山」、「月弓げっきゅう」がこの蔵の主力商品。創業は、大正 6 年。初代蔵元は、酒造技術指導者のようなことをやっていたらしい。当時の会津地方では越後杜氏を迎えることが多かったようだが、この蔵では昭和初期に南部杜氏を迎えた。会津地方の吟醸・純米酒造りの先鞭を着けたという。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup153:長者盛:新潟銘醸

長者盛(ちょうじゃさかり):新潟銘醸長者盛(ちょうじゃさかり):新潟銘醸

小千谷市の近くの旧山古志村の名産、錦鯉を二匹描いたなかなかいいデザインのカップ酒。錦鯉を描いたカップ酒は他にもあるけど、この「長者盛」がいちばんストレートでいいデザイン。赤と白が映えている。先日開催された日本酒チャンピオンズカップ 2008 でもデザイン賞の栄誉に輝いた。

日本酒チャンピオンズカップ 2008 に出品されていたけど、てっきり飲んだものとばかり思っていたので会場はテイスティングはしなかった。ずいぶん前に購入していながら、冷蔵庫の奥の奥にしまいこまれていたことに帰宅してから気づいた。200 ml のカップ酒なので、無意識に避けていたようだ。しかし、これを機に、冷蔵庫の奥より取り出す。さてさて。これは、おいしい(200 ml タイプのものの中ではダントツかも)。このタイプは、添加アルコールが本来の味を殺してしまいがちなんだけど、このバランスのよさは特筆すべきもの。新潟の普通酒にありがちな辛口一本槍ではない旨みがある。

米どころであり、水にも恵まれた地の利を活かした酒造りをおこなっているようだ。「長者盛」の大吟醸酒は、鑑評会で連続 9 回も優秀賞を受賞したという。なかなかの実力派の蔵。他にも「越の寒中梅」もあり、この「吟醸生貯 TG」は、日本酒チャンピオンズカップ 2008 でグランプリも受賞した。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup149:金水晶(きんすいしょう):金水晶酒造店

金水晶(きんすいしょう):金水晶酒造店金水晶(きんすいしょう):金水晶酒造店

「金水 Cup 200」と書かれた背の高い 200 ml 入りのカップ酒。山の絵が大きく描かれ、下に「吾妻小富士」とプリントされている。イラストに噴火口らしきものが見えるが、この噴火口や山の形が富士山に似ていることから「吾妻小富士」と呼ばれている蔵の地元の山を描いたものらしい。

飲み口のキツい酒。添加アルコールのせいだろうか。なんとも言えない刺激が舌に感じられる。じっくり味わってみると、この刺激以外にも味が感じられるが、刺激に邪魔されてしまい、味のハーモニーを作りだすことにはなっていない。やはりこうした 200 ml のカップ酒は、厳しいクオリティのものが多いようだ。

明治の初頭に創業し、南部杜氏、越後杜氏を経て、地元の杜氏を擁し、地元に愛される伝統的な酒造りをおこなっている蔵だそうだ。ウェブ上にあまり情報がなく、詳しいデータは入手できなかった。蔵の近くに小さな山(青麻山)があり、そこに「水晶沢」なる地名が見える。昔は、ここで水晶を産していたのだろうか。

福島を旅行している間に入手した一本。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup148:長陵:高橋酒造

長陵(ちょうりょう):高橋酒造長陵(ちょうりょう):高橋酒造

青と白というカップ酒らしい配色。よく見ると、意外に凝ったデザインで、写真だとわかりにくいかもしれないが、白地の部分には、ところどころ色が抜けているところがあって、そこは透明になっていて、円形の注連縄のようなデザインになっている。これがポイントになっていて、単調なデザインにならずにすんでいる。この縄は、この蔵のシンボルらしく、サイトにも全面的にフィーチャーされている。

新潟らしい辛口の酒。普通酒なので、全体的にすこし薄い印象ながら、バランスがいい。この蔵のハイクラスの酒にも期待できそうに感じる。塩納豆を肴に飲んでいるが、いい感じ。

蔵の創業は、江戸時代末期の安政年間。大正時代に建造された煉瓦造りの蔵や煙突などは、長い年月の間に立て替えられたりもしているようだが、いまだに煉瓦の建造物は残っているらしく、六角形の特徴的な煙突は、おそらく地域のランドマーク的な存在になっているのではないかと思われる。2007 年には、国の登録有形文化財に指定されたらしい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup147:十一正宗・日光旅物語:森戸酒造

十一正宗・日光旅物語(じゅういちまさむね・にっこうたびものがたり):森戸酒造十一正宗・日光旅物語(じゅういちまさむね・にっこうたびものがたり):森戸酒造

観光地の風景などの写真をラベルに印刷して、その観光地の土産物屋で観光客用に販売している地酒のカップ酒はけっこうあるけど、カップに直接プリントしたものというのはとても珍しい。しかも、イラストもなく、文字だけでの表現というのは極めてレアな存在。レアだといっても、あまりに芸がないのはどうだろう......。

中に入っているのは、以前にも紹介した「十一正宗」。カップ酒の紹介を始めたころに飲んだだけで、しばらくご無沙汰していたが、久しぶりに飲んでみると、悪くないかも。造りによって味が変わるのか、こっちの口が変わったのか。

「日光旅物語」とあるが、蔵のあるのは矢板市。東北線沿線なので、鉄道路線的には、日光から外れたところ。栃木の酒どころ、大田原市と日光市の間あたり。これは、日光の北の鬼怒川温泉からさらに奥にある湯西川温泉にて購入したもの。ここの宿泊客の多くは、日光も訪ねているだろうから、まあそれを思い出しながら飲むというのもアリかも。

カップお気に入り度:ー

  • 森戸酒造株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール・糖類
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup146:千代の光:千代の光酒造

千代の光(ちよのひかり):千代の光酒造千代の光(ちよのひかり):千代の光酒造

六角形の枠の中に銘柄名と鳳凰がデザインされたカップ酒。こういうデザインは珍しい。この六角形の枠が大きいせいか、なんだかバランスの悪いところが残念。緑色を使っていたり、ワンポイントの鳳凰があったりと、要素としては楽しめるデザインなんだけど。

糖類、酸味料添加の酒。こうした酒にはありがちだが、香りが弱い。吟醸香がなければ......というわけではないけど、「あぁ、酒を飲んでいるな」とわかるような香りは欲しい。味の方はというと、調味されているおかげ(?)で、平板というわけではないが、やはり隠しようのない深みの感じられない味。

すこし離れた吉川町というところが、酒米の五百万石のふるさとらしい。永田ながた農法という農薬や除草剤を使わず、施肥もほとんどしない農法で育んだ五百万石で造りをおこなっているらしい。この吉川町は、「杜氏の里」だという。そういえば『夏子の酒』の蔵の杜氏も吉川町出身だったな。商品案内を見てみると、もち米の純米酒を造っているらしい。最近の純米ブームで、コシヒカリを使った酒なんてのが話題になったりするけど、もち米っていうのは珍しい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup145:七福神:菊の司酒造

七福神(しちふくじん):菊の司酒造七福神(しちふくじん):菊の司酒造

前にも「七福神」は紹介したが、別デザインのカップなので、再登場。以前の「七福神」は「UniCup」とプリントされた「ワンカップ大関」タイプだったけど、これはフラワーカップ。見てのとおりのチューリップ。花が大きくデフォルメされているのがキュートで、かなりお気に入り。こんなカップに野の花がちょっと生けてあったりすると、絵になるだろうなぁ。それが野仏の前に置いてあったりするとたまらなくいいかも。

新潟の淡麗辛口が続いたので、違う味を求めて岩手へ移動。甘みと辛みがいい感じで混じりあった酒。前回同様、飲みやすい酒。あっという間になくなってしまう。普通酒クラスでも満足のいく味。

蔵元の菊の司酒造は、本社は盛岡の市街地にあり、造りはここと石鳥谷(いしどりや)でおこなっているらしい。石鳥谷と言えば、南部杜氏の里とも言うべき県下有数の酒造地域。石鳥谷にある道の駅は、酒蔵をイメージしたデザインらしく、次に行くときは寄ってみようと思っている(酒匠館、南部杜氏伝承館も!)。蔵のサイトによると、この蔵の二大銘柄の「菊の司」のうち、「菊の司」は盛岡で、「七福神」は、石鳥谷の七福神工場で醸しているらしい。盛岡は近代的な設備での醸造だが、石鳥谷は手作り的な醸造をおこなっているようだ(前回の「七福神」の記事から転載)。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup144:謙信:池田屋酒造

謙信(けんしん):池田屋酒造謙信(けんしん):池田屋酒造

「ワンカップ大関」タイプの青地に白い文字が浮かぶデザイン。ちょっとレトロな書体で、「New Cup」と書かれているのがいい。でも、このデザインって、なんか見たことある。「緑川」だ! よく見比べてみると、基本的なデザインは同じ。単色の背景に白字で、「New Cup」と「NIIGATA」。違いは、背景色と、銘柄名があるかどうか(「緑川」は、「清酒」とだけプリントされていて、ちょっと寂しい)。同じメーカーでカップを作ってるんだろうか。

和楽互尊」に続き、新潟の酒。こちらも辛口。ただ、この「謙信」は、辛口一辺倒というわけでもない(単に「和楽互尊」との比較論かも)。こっちも甘味はほとんど感じられないけど、すこし苦味(いい意味で)があるかな。引き続き、鴨のパストラミの続投。鴨肉の甘味が謙信にあう。

上杉謙信が、武田信玄に塩を送るときに通った街道を「塩の道」(糸魚川〜松本)と呼ぶらしいが、その起点の近くに蔵があるようだ。それに因んで、「謙信」という銘柄で酒造りをおこなっているらしい。白馬山系の伏流水を用いた端麗な造りが身上。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup143:和楽互尊:池浦酒造

和楽互尊(わらくごそん):池浦酒造和楽互尊(わらくごそん):池浦酒造

中央に銘柄名をプリントしたカップ。蔵の外観かと思って、サイトを見てみたら、思ったとおり。カップの裏側には、目盛がプリントされていて、計量カップとしても使える(そんなに珍しいことでもないけど)。

糖分が切れきったかのような辛口の酒。甘口でなくてもいいけど、もうすこし糖分が残っていたほうがバランスがよくて好みなんだけどな。お気に入りの鴨のパストラミにあわせてみるとすこしは飲める。酒盗を冷奴にのっけてみたが、こっちはいまいち。もうすこし旨味のある酒のほうがいいみたい。

池浦酒造は、幕末期の天保元年(1830 年)の創業。主力銘柄の「和楽互尊」は、長岡の文人、野本互尊の「互尊」に、安岡正篤が「互尊なれば和楽に至る」と呼び、「和楽互尊」となったという。良寛終焉の地ということもあり、その書をラベルとして使っている商品もあるようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup142:鷲の尾:わしの尾

鷲の尾(わしのお):わしの尾鷲の尾(わしのお):わしの尾

達筆すぎて最後の「尾」の字しか読み取れないが、「鷲の尾」と書かれているようだ。銘柄名や横に描かれたイラストは和なテイストだが、銘柄名の下の「WASHINOO」と横にプリントされた「Since 1829」のアルファベットが違和感。

味は、昔ながらの日本酒っぽい味。いま冷やで飲んでいるが、普通酒としては悪くない部類。

蔵元のわしの尾は、岩手県の八幡平市にある。八幡平は、岩手県北西部の山地だが、いくつもの山からなるもので、そのひとつが岩手山。その別名である巌鷲山がんじゅさんに因んだ命名だとのこと。巌鷲山には、雪解けのころ、羽を広げた鷲の姿の雪渓が見られるのだという。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup139:高千代:高千代酒造

高千代(たかちよ):高千代酒造高千代(たかちよ):高千代酒造

雪の農村の風景を太めの線でほのぼのタッチで描いたデザイン。意外にありそうでないデザインかもしれない。透明なガラスに白く太い描線に赤字の銘柄名が映える。「雪国のまごころの酒」とある。

味はというと、平板な感じ。新潟の辛口の普通酒を地でいくような味だろうか。甘みはほとんど感じられない。酸も香りもほとんどない。なんとなくこんな味なんじゃないかと思っていたのだが、まさに想像どおり。安売りのカップ酒とはいえ、もうすこしなんとかならないものだろうか。

高千代酒造は、南魚沼、米どころの酒蔵。谷川岳などのある三国山脈の巻機まきはた山(日本百名山のひとつに数えられているようだ)の名水にこだわった造りをおこなっているらしい。高千代酒造は、その水をミネラルウォーターとしても販売していて、「円水」という商品のようだ。ブルーのボトルにいいデザインのロゴがプリントされている。なかなかよさそう。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup136:明峰喜久盛:信州銘醸

明峰喜久盛(めいほうきくさかり):信州銘醸明峰喜久盛(めいほうきくさかり):信州銘醸

浅間山を中心にした信濃の山々がカップをぐるりと囲むいいデザイン。写真は小さくてわかりにくいかもしれないけど、山の名前と標高がひとつひとつプリントされていて、見ているだけでも楽しいカップ酒。浅間山は、2568 m。プリントされた山の中でいちばん高い。

鼻に抜けるアルコールが、添加された醸造アルコールを感じさせるが、バランスのとれた味わい。普通酒ながら、悪くない。甘みもあり、辛口の酒らしい味もあり。普段遣いの酒としては、けっこういいかもしれない。ちびちびと飲んでいたらあっという間に常温になってしまったけど、常温で飲むのがよさそう。味にふくらみが出る。

信州銘醸と言えば、ここでも紹介した「ろくろ首」や「儀右ェ門」を醸す蔵。普通酒もいいものをつくっているなあ。蔵のある町は、上田市。なるほど浅間山のお膝元。

カップお気に入り度:★★

  • 信州銘醸株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:美山錦・とどろき
  • 精米歩合:麹米 59 %・掛米 65 %

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup135:ふじの井:ふじの井酒造

ふじの井(ふじのい):ふじの井酒造ふじの井(ふじのい):ふじの井酒造

ブルーを基調にした、涼しげなすっきりとしたカップデザイン。青地の部分は、透明度の残るもので、それが余計に涼しげなイメージを与える。銘柄名や「Fuji Cup」の文字は、白くプリントされているけど、山の部分にはプリントがされておらず、ガラスそのままの透明。この組み合わせがいい。プリントされている部分を手で触ってみると、すこしざらつきを感じるが、よく見ると縦横に走る繊維が見てとれる。プリントスクリーンの技術でプリントされているのがよくわかる。

すっきり辛口。すこし苦味が感じられる。普通酒にありがちな平板な味。チーズをつまみにしたら、よくあう。

蔵のサイトを覗いてみると、「高橋留美子展」の開催告知とが目立つ。調べてみると納得。この蔵では、地元新潟県出身の高橋留美子にラベルデザインをしてもらった酒を造っているらしいのだ。「酒蔵一刻館」というブランドで、「大吟醸 めぞん一刻」という酒を醸しているようだ。そういえば、『めぞん一刻』の主人公の管理人さんのエプロンに描かれたひよこ(ピヨピヨというらしい)のプリントされた利き猪口がついた日本酒のセットがあるというのは聞いたことがあったが、ここの蔵だったか。『うる星やつら』のラムちゃんの描かれたラベルの商品もあるみたい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup134:白真弓・歓杯:蒲酒造場

白真弓 歓杯(しらまゆみ かんぱい):蒲酒造場白真弓 歓杯(しらまゆみ かんぱい):蒲酒造場

青地にいい感じの書体で「歓杯」とある。ふつう、「カンパイ」と言えば、「乾杯」と書く。杯を飲み干すという意味なんだろうけど、「歓杯」とあるのを見ると、こっちのほうがなんかいいような気がする。こっちのほうが楽しそうなイメージが濃厚。実は、写真を撮り忘れてしまったんだけど、このカップの裏側には、祭りの様子が描かれている。版画風のタッチで、「起こし太鼓」とある。調べてみると、飛騨地方の春の祭りで、白鉢巻、白足袋、木綿の白いさらしで身を固めた半裸の男たちが櫓の上の太鼓を叩くという勇壮な祭りのようだ。

味のほうはというと、意外に甘味のある酒。平板な味ではあるが、飲みやすい。舌の上で味わうと、そこそこ味が感じられる。普通酒クラスとしては、まずまずのクオリティ。

主力銘柄の「白真弓」は、飛騨の枕詞だとのこと。

しらまゆみ 斐太の細江のすが鳥の 妹に恋れか いをねかねつる

......という歌が万葉集に収録されているらしい。「斐太」 = 「飛騨」なんだろう。飛騨の古川の人の気質を表現する「やんちゃ」を銘柄名にしたものもある。この蔵では、「じゃんぱん」という純米酒発泡酒も造っているらしい。発泡といえば、よくあるのは発泡にごり。でも、この「じゃんぱん」は、どうも清酒っぽい。他にも、「吟こぼれしゅわしゅわ」、「はてな」、「あまずっぱ~くて白い酒」、「とろ~りとろ~り夏生原酒」......などというユニークな銘柄名も。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup133:豪華 生一本:皇国晴酒造

豪華 生一本(ごうか きいっぽん):皇国晴酒造豪華 生一本(ごうか きいっぽん):皇国晴酒造

これもお気に入りのデザイン。タイプとしては、「歡の泉」に近い。ショートタイプのフラワーカップ。こんな感じのデフォルメされたフラワーカップは、なんかレトロ感が漂っていて、そのあたりが好きなんだろう。

甘味の中にもキレのよさが残る味わい。すっきりとした飲み口で、濃い味のつまみに合いそう。そう思って、さつま揚げと昆布の甘辛い炊き合わせを用意。よくあった。

皇国晴みくにはれ酒造は、富山の黒部にある蔵。北アルプスから一気に駆け下りる黒部川の豊かな地下水を利用した造りをおこなっているらしい。黒部の街は、湧水に恵まれているらしく、市内の随所に湧水が見られるらしい。皇国晴酒造は、社の敷地内に湧水があるようだ。このカップ酒は、某 EC サイトでは「幻の瀧」という皇国晴酒造の主力銘柄で紹介されていたが、この商品の正式な名称かどうかがよくわからないので、キャップにプリントされていた商品名で記載(後の調査で、「豪華 生一本」が正式名称と判明)。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup129:北アルプス:福原酒造

北アルプス(きたあるぷす):福原酒造白とパステルカラーっぽい黄緑色で北アルプスの山々を描いたデザインのカップ酒。まあさほどおもしろいデザインでもない。「北アルプス」の銘柄名の横には、紀行文のようなものがプリントされている(写真ではほとんど読み取れない)。

普通酒だろうから平板な味なんだろうと思っていたら、意外にそうでもない。酸味と苦みを感じる辛口の酒。ちょっとキレが悪い気がする。

この蔵元、ほとんど情報がない。いつも頼りにしているカップ酒のガイドブックにも掲載されていないし、検索エンジンで調べても蔵に関する情報らしきものはほぼ皆無。

カップお気に入り度:★

  • 福原酒造株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup127:木曽路:湯川酒造店

木曽路(きそじ):湯川酒造店木曽路(きそじ):湯川酒造店

ワンカップ大関タイプの青地に白の文字を配したトラッドなデザイン。「木曽路」の銘柄名の横の三角形が、蔵のある南信州・木曽エリアの山々を表しているものと思われる。

甘口の酒。普通酒らしい平板な味わいの酒なので、冷酒ならいいが、常温以上だとすこし甘過ぎるかも。とはいえ、飲みやすくて、常温になるまでに空になってしまった......。

創業は古く、慶安 3 年(1650 年)とのことだから、江戸時代の初期。当主は、15 代目だとのこと。木曽路の藪原宿にて長らく酒を醸している蔵だそうだ。「平成の名水百選」に選ばれた水木沢の原生林に源を発する名水で造りをおこなっているらしい。篤農家の協力により「ヨネシロ」(食糧米)を栽培し、酒造りに使ってみるといった地酒蔵ならではの地道な取り組みをおこなっているようだ。「ヨネシロ」の栽培が始まったのは、2007 年のことだから、今年の出荷分には、この米を使った酒が「燦水木さんみずき」として出荷されたらしい。その植え付けと瓶詰めには地元の小学生も参加。瓶詰めした酒は、彼らが成人するまで蔵で保管されるらしい。参加したのは、小学 6 年生だということだから、8 年ものの古酒になっているわけか。なかなかいいエピソード。蔵元の長女が蔵人として造りに参加しているというのもファミリービジネス(家業)としての日本酒造りらしいエピソードでいい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup126:通潤:通潤酒造

通潤(つうじゅん):通潤酒造通潤(つうじゅん):通潤酒造

つばきの花をあしらったフラワーカップ。花のイラストの色の濃淡を表現するために、色の薄い部分を小さなドットのアミかけで表現しているが、どうもこういうのは苦手だ。ガラスプリントの特色を活かしたベタで勝負してほしい。この蔵は、何種類ものフラワーカップを出しているので、コンプリートできるかどうか......。

三倍増醸造酒らしい味かと思ったら、そうでもない。甘味より酸味が強いようだ。すこし雑味があるかな。日本酒度的には、辛口。

この「通潤」を醸す通潤酒造は、日本でもかなり南部の熊本県。九州のちょうどまんなかあたりにあるようだ。この辺りで蔵を構えながら、焼酎は造っていないようだ(九州県下の酒造メーカーは、日本酒だけでなく、焼酎も造っているところが多い。おそらく、そちらの方が売れるのだろう)。くまもと酵母とも呼ばれる協会 9 号酵母を使った、吟醸酒も醸しているようだ。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup125:七笑:七笑酒造

七笑(ななわらい):七笑酒造七笑(ななわらい):七笑酒造

濃い青地に「Sake Cup」と大書。隅に「七笑」。シンプルなワンカップ大関スタイルのデザイン。この青の濃さとすこしかすれたような「Sake Cup」の書体がお気に入り。長野県では広く流通している(「真澄」もかなり流通しているが、「七笑」のほうが上かも)酒のようで、県下ほぼどこに行っても入手可能。ただし、出回っているもののほとんどは長野県らしく、紙カップのものがほとんど。本場の木曽エリアでようやくガラスのカップ酒を買うことができた。

甘味控えめ、アルコールの香りが漂う普通酒らしい味。長野県民の普段遣いの酒といったところだろうか。

銘柄名の「七笑」とはなんだろうと思っていたのだが、地名らしい。平安時代の木曽義仲が幼少時代を過ごした縁のある地だという。蔵のサイトは、いかにも大手地酒酒造会社っぽいつくり。主力商品は、ほとんど日本酒だが、少量の焼酎も造っているようだ。その銘柄名は木曽らしいもので、「なんちゃらホイ」。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup124:月吉野:若林醸造

月吉野(つきよしの):若林醸造月吉野(つきよしの):若林醸造

背景色なしで、銘柄名「月吉野」と大書。よくあるパターン。「郷土の酒」と書かれているのがいい。

日本酒の味の要素は、甘辛酸苦とあるが、すこし苦味が前面に出てきているような。あとは甘味。すこしアンバランスな感じ。全体的には昔ながらの日本酒の味。

蔵のサイトもないし、あまりいいデータも拾えず......。蔵のあるのは、長野県上田市。別所温泉のそば。別所温泉に遊びにいったときに、土産物屋で購入したもの。上田市の中心部から、この別所温泉までは上田電鉄という私鉄が走っていて、のどかな風景の中、古い車両がごとごとと進んでいく。別所温泉駅は、なんともレトロな駅舎でいい雰囲気。

カップお気に入り度:★

  • 若林醸造株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup123:今錦:米澤酒造

今錦(いまにしき):米澤酒造今錦(いまにしき):米澤酒造

昔の少女マンガの背景のような薔薇が全面にあしらわれたデザイン(薔薇ではない花も描かれているけど)。カップ酒のデザインには、植物がモチーフになっている、いわゆるフラワーカップというものはよくあるが、もっと「和」な雰囲気の植物がよく用いられている中で、薔薇というのは珍しい。華やかなデザインでありながら、花を小さめに描いていることでバランスがいい感じ。

濃いめの味でまろやかさがある。さほど濾過をしていないのか、うっすらと黄色い色が残っている。まろやかさの中に甘みが感じられる。けっこう好きな味。

蔵は、南信の伊那谷にある。南アルプスからの軟水の湧水を仕込み水に使っている。銘柄名の由来がおもしろく、先祖に地方相撲の力士がいて、そのしこ名からとったものだという。

木曽路を旅しているあいだに立ち寄った酒屋で遭遇したカップ酒。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup122:松の寿:松井酒造店

松の寿(まつのことぶき):松井酒造店松の寿(まつのことぶき):松井酒造店

シンプルかつトラッドな和なデザイン。「松の寿」の松を意識しての緑色なんだろう。悪くない。

どんな味かなと口に含んでみると、甘口の酒(日本酒度は、+の値だというデータもあるので、)。糖類添加とは書いてないから三倍増醸造酒ではないんだろうけど。日本酒らしい旨味はあまり感じられないが、思いのほか味はある。喉を通りすぎるころには、その味も消えていく。とはいえ、淡いわけでもなく、表現が難しい味。

江戸時代末期の慶応元年(1865)創業の蔵。新潟杜氏であった初代・松井九郎治が名水を求めて栃木に渡り、蔵を始めたというおもしろいエピソードがある。蔵の裏手の杉林から湧き出る超軟水の湧水が松井九郎治の求めた水だったということらしい。この蔵は、社長が杜氏を務める蔵。いわゆる「蔵元杜氏」なわけだけど、この社長兼杜氏が初の「下野杜氏」らしい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup121:宮の雪:宮崎本店

宮の雪(みやのゆき):宮崎本店宮の雪(みやのゆき):宮崎本店

しばらく青を使ったカップが続いたので、気分を変えて赤いカップを紹介。何の花だかわからないけど、赤い花があしらわれたデザイン。桜の花のデザインのカップもあるようだ。

味は......残念ながらお世辞にもいいとは言えない。キャップを開けると、アルコールの香りがまず感じられた。酒の香りではなく、アルコールの香り。ある程度アルコールが飛ぶと、水っぽい香りに。口に含んでみても、薄い味わい。糖類・酸味料添加の三倍増醸酒的な味。

この蔵の稼ぎ頭は、おそらくキンミヤ焼酎。なかなかステキなラベルが印象的なこのキンミヤ焼酎は、老舗の大衆酒場でよく扱われている焼酎ということで、最近は人気銘柄らしく、スーパーとかでも扱っていたりするぐらい。焼酎は、泡盛をたまに飲んでいた時期があるぐらいで、ほとんどわからない......。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup120:若鹿:舟木酒造

若鹿(わかしか):舟木酒造若鹿(わかしか):舟木酒造

以前紹介した「秋鹿」が「バンビカップ」と呼ばれているが、こちらのカップは、「青バンビ」と呼ばれている。ちょっとレトロな雰囲気のかわいらしさの感じられる鹿のイラスト。地元には、青だけでなく、他のカラーリングのカップも存在しているとウワサもあり......。キリ番なので、ちょっとかわいめのカップを。

うすっぺらい普通酒っぽい味かなと思って飲んでみたら、意外にそうでもない。しっかりとした味のある酒。でも不思議に水っぽい感じもしないでもない。なんだろう......。香りは弱いかな。辛口。

地元の霊峰白山を起源とする九頭龍川の伏流水と県産米を使った造りをおこなっている。前任の杜氏の跡を継ぐ若き杜氏が、「若鹿」をはじめとした「越前」、「北の庄」、「福の國富成喜」といった特定名称酒を醸す。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup118:秩父錦:矢尾本店

秩父錦(ちちぶにしき):矢尾本店秩父錦(ちちぶにしき):矢尾本店

ワンカップ大関の逆版のような白地に青文字のシンプルなデザイン。手抜きと言えば手抜きなんだろうけど、嫌いではない。カップの裏側に「チチブニシキカップ」とカタカナ表記で銘柄名が書いてあるのが、なんかかわいい。カップ酒には、ちょくちょくこういうカタカナ表記を見かけるんだけど、伝統なんだろうか......。これは、普通酒だけど、本醸造酒のカップ酒もあって、そちらは青地に白文字。

味は、よくある感じのもので、辛口。全体的に淡い印象。香りは、昔ながらの日本酒の香りを薄くしたような感じ。舌の上で味わってみても、やはりぼんやりとした印象が拭えない。

矢尾本店は、矢尾グループの中核をなす酒蔵のようだ。創業 260 年というから、けっこうな老舗蔵。グループは、百貨店や葬祭場、家電量販店なども運営しているというから、元は秩父の豪農出身の旧家だったりするのかな。日本酒をメインに、焼酎とワインも醸している。

いつか秩父エリアに足を伸ばして、カップ酒探しの散策にでも行こうかと思っていたのだが、意外に大阪のとある店に陳列してあったので、そこで購入。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup117:米鶴:米鶴酒造

米鶴(よねつる):米鶴酒造米鶴(よねつる):米鶴酒造

スキーヤーの絵や雪の結晶など雪国を思わせるデザイン。山形なので、蔵王のイメージだろう。その横には花笠を持った女性の絵。花笠を使った山形のお祭りでもあるのかな......と探してみたら、あった、あった。そのまんまの「山形花笠まつり」。オフィシャルサイトを見てみたが、地元の伝統の祭り......というわけではないらしい。それはともかく、地方の風物詩を扱ったデザインということでお気に入りの範疇。山形のお隣の上山温泉の共同浴場の休憩室にもたくさんこの空きカップがあったことも記憶に新しい。

このカップ酒は、伊勢勇で買ったもの。糖類、酸味料を添加した酒ということだが、伊勢勇が販売する唯一のカップ酒ということで、期待して飲んでみる。キャップに「醇成」と書かれているが、そのとおりに濃醇な味。香りの強い、辛口の刺激的な味わい。普段遣いの酒としては、なかなか悪くない。

主力銘柄の「米鶴」だけでなく、亀の尾や亀の尾をベースに独自開発した亀粋を使った純米大吟醸酒「亀の尾」や「亀粋きっすい」、「うきたむ」、「まほろば」、「自然流じねんりゅう」など、かなり銘柄の多い蔵。「巨匠」や「F1」(市販の吟醸酒の走りだそうだ)、「盗み吟醸」といったユニークな銘柄もある。蔵の歴史は、300 年。創業は、元禄年間だとのこと。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup115:窓乃梅:窓乃梅酒造

窓乃梅(まどのうめ):窓乃梅酒造窓乃梅(まどのうめ):窓乃梅酒造

中央にかなり大きな梅の花をあしらった通称「MADO CUP」こと「梅乃花」。淡い色使いなのでさほど鬱陶しくも感じないけど、もう少し小さい方がバランスがいいんじゃないのかな......と思う。でも、悪いデザインではない。このデザインを「絞り梅」と呼ぶらしい。

どんな味かな......と飲んでみると、甘い! 冷酒で飲んでいるおかげか、まだこの甘みがこの程度ですんでいるのかも。香りはあまり感じられない。舌の上で味わうとなんだか不思議な味がする。しばらく待って、常温で飲んでみたところ、いわゆる三倍増醸造酒の「甘くてべたべたする」と言うほどではないレベルで、甘くて甘くてどうしようもないというわけではなかった。でも、あまり酒を飲んでいるような感じでもなかった。蔵のサイトには、

やや甘口で、味付けの濃い九州の「食」にあう酒質。

......とあった。そうか、そういうものと合わせればいいのかも。

「窓乃梅酒造」は、九州の酒どころ、佐賀県の蔵。九州の蔵にはよくあることだが、この蔵もご多分に漏れず、焼酎も主力商品のひとつらしい。蔵の歴史は、かなり古く、元禄元年(1688 年)だとのこと。佐賀で現存する最古の酒蔵らしい。藩の余剰米を用いた酒造りを源にしている。風にあおられた梅の花びらが、蔵の窓から入り込み、仕込みの最中の桶に入り込んだ。これは一大事と蔵人は桶に駆け寄るが、とき既に遅し。桶の中は一面の花びら。しかし、その酒を飲んでみると意外にもとても美味であった......という江戸末期のエピソードを元にこの「窓乃梅」の銘柄名としたらしい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup114:大雪渓:大雪渓酒造

大雪渓(だいせっけい):大雪渓酒造大雪渓(だいせっけい):大雪渓酒造

山の姿を水色と白で描いたさわやかなデザインのカップ酒。蔵から見える北アルプスを描いたもの。中央に大書された「大雪渓」の銘柄名の脇に書かれた「山の酒」の文字がいい。長野ではスーパーとかでもけっこう簡単に手に入るが、その多くは以前紹介した紙カップのタイプ。ガラスのカップの方が好きだけど、「大雪渓」に関しては、紙カップのほうがインパクトがあって、いいデザイン。

山の清水を思わせるさらりとした酒。淡麗辛口。アルコールの香りがツンとくるが、味のまとまりは悪くない。

県産の酒米と北アルプスの清冽な伏流水を使い、普通酒クラスの酒の造りも手を抜かないという姿勢で取り組んでいるとのこと。「大雪渓」は地元の名山、白馬岳の雪渓に因んで命名したものだそうだ。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup113:堀の井:高橋酒造店

堀の井(ほりのい):高橋酒造店堀の井(ほりのい):高橋酒造店

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」をそのままデザインしたような稲穂を描いたカップ酒。実は、この正面の稲穂の裏には、まだ「頭を垂れる」ほどには成長していない稲も 2 つほど描かれていて、稲穂の成長を描いたものなのかも。考えてみると、酒は米がないとできないわけだけど、ダイレクトに稲を描いたデザインのカップ酒って少ないかもしれない。

甘みがあり、アルコールの刺激が感じられる酒。昔ながらの日本酒っぽい味。たぶん熱燗にすると、昭和テイスト満点の仕上がりになりそう。

これも前回の「南部関」に続き、南部杜氏の発祥地からの酒。戦前は大地主で、現在でも数町歩(1 町歩 = 約 10000 m2)の専用田で米を育てているとのこと。伝統的な酒造りをおこない、20 年ほど前に三倍増醸酒から撤退したらしい。「堀の井」の銘柄名は、この堀米で掘った井戸の水で醸した酒が美味だったことによるらしい。奥羽山系の伏流水に恵まれた地ならでは。

JR 花巻駅併設のコンビニで購入したもの。この稲穂のデザインだけでなく、スズランを描いたものあるようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup112:南部関:川村酒造店

南部関(なんぶぜき):川村酒造店南部関(なんぶぜき):川村酒造店

白い軍配が中央に配置され、左右に桜の花があしらわれているバランスのいいデザイン。軍配の上に小さく「うまい酒」と書かれているのがいい。

すこし酸味を感じるが、全体的には昔ながらの日本酒らしい味わいの酒。軽い飲み口。もともとはこんなに黄みがかった色の酒ではないみたいだけど、酒販店の保存が長かったのか、こんな色に。なので、フレッシュなときと味わいはすこし変わってしまっているかも。

蔵の住所が石鳥谷だったので、南部杜氏の里(南部杜氏伝承館などという施設もある)だなあ......と思いながら、蔵のサイトを見てみると、なんとこの蔵は、「酉与右衛門よえもん」を醸している蔵だった。「酉与右衛門」(ホントは、最初の 1 字は、「酉」がへんで、「与」がつくり)は、川村家 19 代目の当主の名前。若いころから酒造りに関わり、杜氏に。後に川村酒造店を起こし、「東関」(後に「南部関」に改名)を醸し、造り酒屋に。原点回帰を目指し、「酉与右衛門」の名を冠した地酒造りを始めたとのこと。蔵のサイトに、「NAO 的 日本酒考」というコーナーがあるが、「酒造りとは家業であり、企業では地酒を造れない」との考えを持つ蔵の若旦那の酒造りについての思いを読むことができる。

酉与右衛門(よえもん):川村酒造店......ということで、ついでに「酉与右衛門」も飲んでみる。和紙のラベルに、達筆な文字で「酉与右衛門」と書いてあるのが印象的。光の影響を受けにくいようにと配慮された褐色のガラスカップも好印象。このカップ酒は、18BY の全量山田錦の純米酒。ぜいたくなスペックだ。アルコール分は、すこし高めの 17〜18 度。

とはいえ、アルコール度の高さを感じさせない、きわめてまろやかな味わい。甘辛酸苦の味が渾然一体となったいい感じの酒。舌の上で味わうと、濃醇な味わいが感じられる。その味がさっと消えるような淡麗さとはどこか違う。旨味が残る......感じなのかな。そのあたりがまた好印象。

「酉与右衛門」は前に紹介した大阪の「山中酒の店」で購入したもの(いつか飲もうと思って、取っておいた)。「山中酒の店」は、蔵元との交流もあるようで、蔵のサイトにも何回か登場している。「南部関」は、花巻市の酒販店で入手。舞姫酒造の「翠露」もそうだけど、この川村酒造店の「酉与右衛門」も県外の地酒ファンには有名な銘柄。でも、「舞姫」や「南部関」などの普段遣いの酒は県外にはあまり出回らなかったりする。その辺が地酒旅のおもしろさだったりするんだけど。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup111:秀よし:鈴木酒造店

秀よし(ひでよし):鈴木酒造店秀よし(ひでよし):鈴木酒造店

カップ酒にはめずらしい多色刷りのカップ(大体は、2 色)。昔の蔵の構えを描いたものだろうか。

全体的に薄味の水っぽい感じの味わい。添加された糖類のせいか、うっすらとした甘味も感じられる。普通酒にありがちな刺々しい味ではなく、まろやかな感じでまとまっているのは救い。

創業は、元禄 2 年(1689)というから、江戸時代の前期。相当長い歴史がある。銘柄名の「秀よし」は、それまでの秋田佐竹藩の御用酒「清正」よりも優れていると藩主に評され、「清正」よりも「秀でて良し」ということで、「秀よし」の名を賜ったという。また、「清正」(加藤清正)が「秀吉」(豊臣秀吉)の配下であったことからも、「清正」よりも優れているのであれば、「秀吉」だろう......という意味もあるようだ。

地元の駅やその周辺の土産物屋や酒販店などでこうした地酒カップを買えることが多いけど、このカップ酒を購入したのは、なんと京都! なんで? 「秀よし」(豊臣秀吉)だから?

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup109:文楽:文楽

文楽(ぶんらく):文楽文楽(ぶんらく):文楽

カーネーションの花だろうか。カップの周囲に花があしらってある。ありがちなフラワーカップの一種。デザインが秀逸なものであれば別だけど、この程度の凡庸さで、銘柄名や蔵に縁のないデザインの場合、ちと寂しい。母の日が近いということで、カーネショーンつながりでひとまずよしとしよう。

味はというと、なんとも言えない薄っぺらい感じ。味はあるにはあるけど、キャップに書かれた酸味料と糖類という添加物がいかにも......という印象。添加アルコールの多そうな味で残念。

元は、「北西酒造」と名乗っていたようだが、蔵の代表銘柄でもある「文楽」と社名を変更したとのこと。創業者が文楽が好きだったこと、文楽の太夫と三味線ひきと人形遣いの三位一体が酒造りの米・水・麹にも通じることなどを社名変更の理由としているようだ。営業担当の社員の女性が書いているブログが読みやすくて、つい読んでしまった......。

カップお気に入り度:ー

  • 株式会社文楽
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール・糖類・酸味料
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup106:蓬萊 小町桜:渡辺酒造店

蓬萊 小町桜(ほうらい こまちざくら):渡辺酒造店蓬萊 小町桜(ほうらい こまちざくら):渡辺酒造店

青をメインにしたプリントでなかなかいいデザイン。大きな山車が描かれている(写真ではわかりにくい......)。この蔵は、飛騨地方にある。飛騨で山車と言えば、飛騨高山の高山祭り。調べてみると、高山祭りというのは、総称のようで、4 月の山王祭りと 10 月の八幡祭りのことらしい。日本の神道でもメジャーな山王信仰と八幡信仰の祭りが春と秋に両方おこなわれるというのもなかなかおもしろい......ということで、このカップ酒デザインは、ローカル色が感じられるという点で、◎。

味はと言うと、普通酒にしては、なかなかおいしいかも。普通酒ということで、アルコール添加されていて、そのアルコール分がすこし邪魔をしている気がするけど、全体的には調和のとれた味。思いのほか、豊かな味わい。

サイトは、けっこうキレイに作ってある。蔵の人たちによるブログなんかも併設されていて、3 人がブログを書いているみたい。代表者 1 名がブログを書くというのはたまにあるけど、3 人も書き手がいるというのは珍しい。最強チラシ集というコーナーがある。ここのチラシは、けっこうユニークでなかなかおもしろい。地元のスーパーに貼ってあるのを見たが、かなりインパクトがあった。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup105:猩々:北村酒造

猩々(しょうじょう):北村酒造猩々(しょうじょう):北村酒造

壷というか瓶というか、そんな枠に囲まれて、銘柄名が書かれている。この壷のような形は何だろうと思っていたところ、蔵のサイトに説明があった。この「猩々」は、謡曲「猩々」に因んだもの。「猩々」は中国の想像上の生き物で、顔は人、体は猿、声はこども声に似ていて、赤ら顔で酒が好きだという。

伝説では・・・
高風という若者が霊夢のお告げで、都へ出て酒を売ったところ、商売は繁盛。
賑わう店の中に、毎晩大酒を呑み、平然と帰る客あり。
在る時、名を尋ねたところ、尋陽江に棲む「猩々」と言う。
「猩々」は、高風の親孝行振りを称えて、舞い踊ると共に「酌めども尽きぬ」酒壺を与えたと。

だとのこと。

カップ酒を飲みはじめたころ(まだこのカップ酒でブログを書こうとは思ってなかったころ)に飲んだ一杯に再会。軽めの辛口。大辛ではない。舌の上で味わうと、醸造アルコールっぽい辛さが感じられる。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup103:舞姫:舞姫酒造

舞姫(まいひめ):舞姫酒造舞姫(まいひめ):舞姫酒造

カップのデザインとしては、あまりおもしろいものではない。銘柄名が正面にあしらわれ、書体が太くないものだから、背景色なしにプリントされているので、すこし読みづらい。

しかし、このカップ酒のデザインのおもしろさは、実は正面ではなく、横にある。一部のかっぷざけに見られる特徴だけど、側面に目盛りがプリントされているものがある。この「舞姫」もそのひとつ。目盛りには数字がついていることと、そうでないことがあるが、その数値や目盛りでおよその飲酒量を知ることができる。あるいは、飲みおわった後に計量カップとして再利用できたり。しかし、この「舞姫」の目盛りにプリントされているのは、数字ではなく、イラスト。いちばん上の目盛りは音符、次はくちびる(あるいは、口)、最後は虎。つまり、飲み進むにしたがって、陽気になって歌いだし、最後には虎になってしまう......というユーモア。なかなかおもしろい。でも、2 番めのくちびるの意味するところがよくわからない。酔っておしゃべりになってしまうということなのか、キス魔になってしまうということなのか......。いずれにしても、非常に特徴的でユーモラス。

舞姫(まいひめ):舞姫酒造県外では「翠露」で有名な蔵。この「舞姫」は、それよりもリーズナブルな価格帯の普段遣いの酒。ひさしぶりに飲んでみたが、なかなかいい。すこしアルコールがきつい気もするけど、飲みやすい。キレがあるけど、味もある。調和のとれた感じ。

舞姫酒造は、諏訪市の中心部、諏訪駅の近くにある。メインストリートの国道 20 号線に面した場所にあるが、この国道 20 号線は、酒屋通りでもある。「真澄」で有名な宮坂醸造をはじめ、麗人酒造(麗人)、舞姫酒造、伊東酒造(横笛)、本金醸造(本金)がずらっと勢揃い。近代では、製糸業で栄えた諏訪が古くからの街だったことの証のようにも思える。

舞姫酒造は、国道沿いに直販店を出しているが、代々の当主が文庫蔵として使っていた蔵をベースにした「和」な雰囲気のいい店。この店でしか買えない限定ものの酒なども販売している。杜氏は、地元の諏訪杜氏。「和醸良酒」をモットーに、甘・酸・渋・辛・苦の 五味の調和がとれた旨口の酒造りをおこなっている。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup101:竹の露:竹の露

竹の露(たけのつゆ):竹の露竹の露(たけのつゆ):竹の露

黄緑色で竹が描かれたシンプルなデザインのカップ酒。品のいいデザインでもある。一色刷りのもののなかでは、なかなか秀逸なデザイン。

甘口の酒。いやな感じの甘味ではない。しかし、なんかとっても薄味。とても酒を飲んでいる気分にはなれないなあ。同じカップを使って、純米酒なんかも販売されているみたいだけど、普通酒はこんな感じ。純米酒のほうは、評判がいいようなんだけど。

東北における修験道のメッカとも言うべき出羽三山の羽黒山の麓に蔵はある。修験道の行事に供される酒を醸す蔵のうちのひとつが、現在の竹の露合資会社の前身だとのこと。銘柄名の由来についてはよくわからないようだが、蔵の付近は竹の産地としても名高い地域だったようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup099:吉の川:吉の川酒造店

吉の川(よしのがわ):吉の川酒造店吉の川(よしのがわ):吉の川酒造店

黄色い水仙がカップをぐるりと囲むデザイン。北国の春を彩る水仙の花を前面に押し出しているのがいい感じ。去年、ゴールデンウィークに肘折温泉に行ったときに川のそばで水仙が咲き誇っていたのを思い出す......が、このカップ酒は、福島は喜多方からのもの。

まろやかな味わい。微妙に甘味を感じるが、甘辛酸の調和のとれた味。悪くない。

綴り違いの新潟の吉乃川は有名だけど、この蔵に関してはあまり情報がない。ぽろぽろと拾ってきた情報をまとめてみると......98 % が地元で消費される地産地消のまさに文字どおりの地酒、地元の居酒屋にならどこにでも置いている地元に愛される酒、昔ながらの伝統的な酒造りをしている、普段遣いの普通酒にも手を抜かない......といったあたり。なかなか、好感が持てる。

カップお気に入り度:★★

  • 合資会社吉の川酒造店
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:±0
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:五百万石・チヨニシキ・桜吹雪
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup098:旭興:渡邉酒造

旭興(きょくこう):渡邉酒造旭興(きょくこう):渡邉酒造

とてもシンプルなデザインのカップ酒。水色の地に白字で銘柄名を大書。意外にこういうデザインも好き。たぶん銘柄名の文字が好きなんだろうな。

「芳醇清酒」と書かれているが、確かにそんな感じ。詳しいデータがないけど、これが普通酒だとすれば、普通酒クラスではかなり上位ランキングに入るおいしさではないだろうか。調和のとれた味わい。

詳しいデータがあまり手に入らないが、ちょこちょこみかけるレビューからは、なかなか実力派の蔵のようだ。初代の蔵元は、新潟杜氏でありながら、名水を求めて、栃木に蔵を構えたという。現在の酒造りの陣頭指揮をとるのは、専務の渡辺英憲氏。東京農業大学醸造科を卒業後、群馬の美峰酒造で修行。数年前に蔵元に戻り、精力的に酒造りをしているようだ。

このカップ酒は、那須に遊びにいったときに、たまたま黒磯駅の近くのスーパーで買い求めたもの。こんなカップ酒に出会ったりするもんだから、この趣味はやめられない。

カップお気に入り度:★★

  • 渡邉酒造株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup096:緑川:緑川酒造

緑川(みどりかわ):緑川酒造緑川(みどりかわ):緑川酒造

「緑川」の名に違わぬ緑色のカップ。このタイプのデザインのほとんどは、ワンカップ大関を模した青がほとんどで、緑を使ったカップ酒はあまりない。そんなこともあって、お気に入り。とはいえ、実はこのカップは、汎用カップ。同じデザインで別の蔵も使っている(ホントは、カップの下の方に小さなシールが貼ってあって、ここに銘柄名、社名がプリントされている)。

新潟の酒ということで、淡麗辛口だろうと思って飲んだところ、予想を裏切る味わい。濃醇と言うほどではないけど、甘味もすこし残っている。緑川は特定名称酒で評価の高い酒だけど、このカップ酒は普通酒ながら、なかなかのもの。

蔵のサイトがないので、あまり詳しい情報がわからないが、このカップ酒は、栃尾又温泉に遊びにいったときに、最寄り駅の小出駅前の小さな酒屋にて発見したもの。店の主人が、「この町の地酒ですよ」と言って薦めてくれた。確かに車窓から緑川酒造の蔵が見えたな。緑一面の水田の中にぽつんと工場があった。裏には信濃川の支流の魚野川が流れていて、のどかな風景。小出と言えば、日本有数のローカル線である只見線の起点駅でもある。

カップお気に入り度:★★

  • 緑川酒造株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:+4.0
  • 酸度:1.5
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:北陸 12 号
  • 精米歩合:65 %
  • カップ地酒と車窓旅』掲載

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup094:玉菊:玉泉洞酒造

玉菊(たまぎく):玉泉洞酒造玉菊(たまぎく):玉泉洞酒造

いままでに見たことのないタイプのデザインのカップ酒。木版画のような書体のローマ字で銘柄名がプリントされ、「i」の点が、菊の花になっている。

香りも味も薄い酒。軟水仕込みだろうか、かなり柔らかい味。雑味はほとんどなく、とてもすっきりしてる。そのためか、かなり飲みやすく気がついたらなくなっていた......。

岐阜県南部の昔で言う美濃国は、菊の産地らしい。それもあってか、昭和 32 年に蔵元が銘柄名を公募した際に生まれたのがこの「玉菊」ブランドということらしい。現在の主力銘柄は、「美濃菊」。高級酒のブランドとして「醴泉」というのもある。蔵のサイトには、「玉菊」の文字は見当たらない(いまも「玉菊」が出荷されているのかどうかよくわからない)。玉泉洞酒造は、養老の滝の近くにある、創業 200 年超の酒蔵だとのこと。

このカップ酒は、いつも髪を切ってもらっている H さんにいただいたもの。髪を切ってもらっているあいだに、カップ酒の話をしていたのを覚えてくれていて、帰省したときに買ってきてくれたらしい。感謝♪

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup093:鬼剣舞:喜久盛酒造

鬼剣舞(おにけんばい):喜久盛酒造鬼剣舞(おにけんばい):喜久盛酒造

和装の男たちが面をつけて踊っている。これは、岩手県北上市周辺の伝統芸能である「鬼剣舞」の様子を描いたもの。修験道の始祖、役小角えんのおづぬの念仏踊りに起源を持つらしい。踊り手の面には 5 色の色があり、青、赤、白、黒、黄......と陰陽五行の 5 色を踏襲している。「鬼剣舞」とは言うものの、踊り手の面の意味するところは、降三世明王(青)、軍茶利明王(赤)、大威徳明王(白)、金剛夜叉明王(黒)、不動明王(黄)......ということで、「鬼」ではなく「仏」......なので、面には角がないとのこと。

銘柄名の脇に「登録 男の酒」とプリントされているが、そのとおりの辛口。昔ながらの日本酒らしい味わいも微妙に残っている。地元の普段遣いの酒といったところだろうか。

蔵元の喜久盛酒造は、酒造会社らしくない、かなり特異なサイトを開設している(と言っても、特異なのはトップページだけみたいだけど)。かなりいいデザイン。きっと社長が若いんだろうなあ......と思って調べてみたら、1972 年生まれだそう。若い。伝統の銘柄「鬼剣舞」や「喜久盛」はさておき、「電氣菩薩」(純米大吟醸)、「タクシードライバー」(純米原酒)などという酒も造っている。確かにこの酒、見かけた。なんとも不思議な感性。

このカップ酒は、去年の夏に夏油温泉に行ったときに買い求めたもの。宿の外には、「鬼剣舞」専用自販機も。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup092:鶴齢:青木酒造

鶴齢(かくれい):青木酒造鶴齢(かくれい):青木酒造

小さいカップに薄いピンク色の花がプリントされたかわいいデザイン。何の花だろうか。

キレのあるすっきりした味。完全にアルコール発酵させたかのような淡麗さ。もうすこし味わいがほしいところだけど、新潟地酒らしいと言えば、そうなのかな。

蔵元は、新潟の中でも有数の米どころ、魚沼にある。車窓から眺めていても、一面が水田。これが全部コシヒカリなんだろうなあ、さすが魚沼......と思った。鶴齢は、蔵元の青木酒造のフラッグシップブランド。ここの純米大吟醸は、しっかりした味ですばらしい食中酒。

越後湯沢の駅にある酒販店で購入したもの。越後湯沢駅には、「ぽんしゅ館」という新潟の地場物産を扱う大きな店があり、そこに利き酒コーナーが併設されている。有料だけど、これだけの数の酒の中から好みの酒を探して利き酒できるというのは、おもしろい(カウンターでお金を払って、コインを 5 枚もらう。そのコインを好きな酒、気になる酒のベンディングマシンに投入して利き酒する......というシステム)。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup091:太冠:太冠酒造

太冠(たいかん):太冠酒造太冠(たいかん):太冠酒造

力強い文字で中央に「太冠」と大書したトラディショナルなカップ酒デザイン。でもその背景には、細かく風景がプリントされている。写真ではよくわからないと思うが、険しい山肌が描かれている。地元の名勝地「昇仙峡」だとのこと。滝の絵のようには見えなかったので、「覚円峰」と呼ばれる昇仙峡の見どころのひとつを描いたものではないかと思われる。

微妙な甘味の残る辛口の酒。うすっぺらい味というわけではないけど、雑味が残っているかな。香りは薄い。

南アルプスの豊かな水の恵みを受けての酒造りをおこなっているようだ。銘柄名の由来はと言うと、

出世した武官が前途を祝うときにかむられたという「太冠」から命名されている。祝い事に合う様にとそのように名づけられた

......とのこと。

山梨のカップ酒は、紙のラベルを貼付けたものが多く、このようなプリントされたタイプは少ないので、これを見つけたときはうれしかった。JR 山梨駅の売店で購入。山梨らしいなあと思うのだが、山梨ではいろんなところでワインのカップ酒を売っている。去年の夏に山梨に行ったときは、紙カップのカップ酒ワインを飲んだな。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup088:菊正宗:菊正宗酒造

菊正宗(きくまさむね):菊正宗酒造菊正宗(きくまさむね):菊正宗酒造

ここで取り上げるカップ酒としては珍しいナショナルブランドクラスの酒。ナショナルブランドのカップ酒は、紙のラベルを貼ったものが多いけど、この「菊正宗」は、プリントタイプ。中央に「正宗」の文字が配置され、臙脂色と白抜きの文字のコントラストがいい感じのデザイン。上のほうに「キクマサムネ」と小さくプリントされているのもかわいい。

燗にすると、強いアルコールの香りが立ちそうな日本酒らしい香り。全体的に味は濃い感じだけど、「正宗」という名にあるとおり、切れはあるので、濃醇というのとは違う。すこし後味が口にのこるのがいまひとつ。

データを調べているときに、地図を見たところ、この菊正宗酒造のご近所には、白鶴酒造、櫻正宗酒造に剣菱酒造。さすが灘。大手酒造メーカーが林立している。菊正宗酒造の商品ラインナップを見て、意外に感じたのだが、この蔵は総合酒造メーカーではなく、焼酎も出しているようだけど、それ以外はすべて日本酒。へぇ、そうなんだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup085:稲里:磯蔵酒造

稲里(いなさと):磯蔵酒造稲里(いなさと):磯蔵酒造

黄緑色の稲穂が 2 本で輪を描き、その中心に銘柄名がプリントされているなかなかセンスのいいカップ酒。稲穂の緑を黄緑で描くことで、デザインが重くならずにすんでいる。このようなデザインだったら、2 本の稲穂が下から上に向かって伸びていって頂点で再び稲穂同士が出会うようなデザインにしそうなものだけど、この「稲里」のデザインでは、「C」の字のように右端で稲穂が出会う。これにより、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」的なデザインに仕上がっている。

糖類添加ということで、増醸酒なんだろうけど、思いのほか飲みやすい。甘みもそんなにはくどくない感じ。糖類添加はしていない普通酒でも、多量の醸造アルコールが使用されている味のしない酒よりはましなんではないだろうか。

蔵のサイトは、なかなかきれいなデザイン。蔵のある茨城県笠間市周辺は、稲作に適した地域だったようだ。「種をまかなくても稲が生えた」と伝えられる「三つの御神田」のある蔵周辺の地域が「稲田」と呼ばれているらしい。銘柄名もそこから取られたようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup082:開當男山:開当男山酒造

開當男山(かいとうおとこやま):開当男山酒造開當男山(かいとうおとこやま):開当男山酒造

電車のイラストがプリントされた珍しいデザイン。浅草から出る東武日光線が、東武鬼怒川線に接続し、さらに会津鉄道線に接続。その会津鉄道線の中荒井駅がこの蔵の最寄り駅。東武鬼怒川線は、もちろん鬼怒川温泉を擁している。そこから先の会津鬼怒川線には、川治温泉、湯西川温泉と温泉が続く。カップの裏側にも「新藤原ー川治温泉ー湯西川温泉ー会津高原」と沿線駅の駅名がプリントされている。この電車自体は、特に風情があるというものではないけど、ボックスシートになってるのがうれしい車両。空いた車内で向かいの席に足を伸ばして座り、テーブルを出してのんびり車窓とカップ酒を楽しむというのはなかなかオツなもの。旅気分が盛り上がる。

甘味が強い。やはり、糖類添加のせいだろうか。昔ながらの日本酒といった味わい。どうも糖類添加の酒に関しては、コメントが一辺倒になってしまう......。

享保元年(1716)創業とのことなので、創業 300 年近い歴史のある蔵元。酒造りを始めたのが創業家の三代目、渡部開当。この三代目の名前をとって、「開當男山」の銘柄となったのだろう(「當」は「当」の旧字)。会津地方の寒冷な気候を活かしての酒造りをおこなっているらしい。

年末に湯西川温泉に行ったときに、きっと手に入るだろうと思っていたけど、湯西川温泉の酒屋にはなく、帰りに立ち寄った川治温泉の酒屋で買い求めたもの。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup081:清嘹:町田酒造店

(せいりょう):町田酒造店清嘹(せいりょう):町田酒造店

白地に赤く銘柄名がプリントされている。その下にカタカナで「セイリョウ」と書いてあるし、キャップにも「金紋 ハイ・セイリョウ」と書かれているので、「セイリョウ」と詠むということはすぐにわかるけど、「リョウ」の字がどんな字なのかがわかりにくい。口偏に「尞」と書いて、「嘹」らしい。写真ではわかりにくいが、山とたなびく雲が図柄としてプリントされている。

普通酒ながら、雑味の少ないところに好感が持てる。舌の上で味わうとなかなかしっかりした味があるのが感じられる。熱燗にすると、すこしアルコールが立ちすぎる気もするけど、味が膨らみ、まろやかに。このカップ酒は、「日本酒チャンピオンズ・カップ 2007」で本醸造普通酒部門でベストカップ賞を獲得したもの。

この町田酒造店の杜氏は女性。蔵元の娘さんで、新聞記事によると、OL だったのが家業を継ぎ、杜氏になったらしい。新潟杜氏に師事して、酒造りを学んだ......というあたりのエピソードも『夏子の酒』みたい。平均年齢が 20 歳台という若いメンバーながら、全国新酒鑑評会で金賞受賞などがんばっているようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup079:常きげん:鹿野酒造

常きげん(じょうきげん):鹿野酒造常きげん(じょうきげん):鹿野酒造

花菖蒲がカップにぐるりとプリントされているなかなかいいデザインのカップ酒。銘柄名も控えめで飲み口あたりにちょこんとプリントされている。花菖蒲は、石川県加賀市の花であるとの説明もプリントされている。

すこし黄色がかった色。日本酒度はさほど高いわけではないようだが、ふくよかな味の中にも辛口の酒らしい味も主張が見受けられる。

銘柄名の「常きげん」は、祝いの席で四代目の詠んだ「八重菊や 酒もほどよし 常きげん」に因むものだと言う。この蔵の仕込み水は「白水の井戸」からくみ上げた水。この井戸は、蓮如上人に由来するものだと言う。蓮如と加賀の関係は、もちろん一向一揆の一向宗。この「白水」という名前も、きっと背後の霊峰白山の伏流水ということなんじゃないだろうか。

このカップ酒は、近くのスーパーの定番商品なので、いつでも買える。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup078:亀齢:岡崎酒造

亀齢(きれい);岡崎酒造

イラストやロゴがカップにプリントされてないせいで、写真がピンぼけになってしまった......。キャップにはちゃんと銘柄名や蔵元などがプリントされているが、カップ自体には何もプリントされていない。ごく稀にこういうカップ酒が存在する。......といっても、印刷工程でのミスやラベルの貼り忘れという理由ではなく、おそらくコスト減のための工夫だろう。透明なカップ酒のカップにラベルを貼らなかったらこんな感じというサンプル。

とてもまろやかであり、雑味のないすっきりした味。基本的には辛口だけど、とがった味ではなく、柔らかさと自然なほんのりとした甘味がある。全体的には、ソフトな印象だけど、いい感じ。普通酒の中ではかなり品質が高いものだと言える。洒落になってしまうが、「亀齢だけにキレイな味」だと感じた。

長野の上田市の蔵元。 菅平水系の水と県産の米を使って、手作りでの醸造をおこなっているらしい。吟醸酒の造りでは、原料米をザルで洗い、箱麹を使って、昔ながらの酒造りを守っているとのこと。

前に紹介した「地酒屋 宮島」で買い求めたもの。この店に置いてあったカップ酒は、この「亀齢」だけ。店のこだわりの感じられる商品ラインナップから一点だけ置いているこのカップ酒はきっとおいしいに違いないと思っていたが、想像どおりのクオリティ。

カップお気に入り度:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup077:錦郷:九重雑賀

錦郷(きんきょう):九重雑賀錦郷(きんきょう):九重雑賀

ちょっとヘタウマ風のイラストで、亀の背に乗った浦島太郎がプリントされているカップ酒。バックに盆やると写っているが、竜宮城も描かれている。蔵元のある和歌山に浦島説話の継承地があるのかと思って、すこし調べてみたが、これといったものが見つからなかったで、この記事に浦島説話でも載せようかと思っていたのを断念......。松本清張の『D の複合』をしばらく前に読んだばかりだったからなあ。

甘味もあるが、基本は辛口。すこし雑味が感じられるかな。とは言え、飲みやすい感じではある。

ちょっとした酒販店や居酒屋に「雑賀」という酒を置いているのを見かけるが、同じ蔵の酒。現在は、この「雑賀」がフラッグシップ的銘柄で、「錦郷」は昔からの銘柄というところなんだろうか。九重雑賀のウェブサイトがないので、「雑賀」についてはいろいろ書いてあるけど、「錦郷」についてはよくわからない......。

カップお気に入り度:★

  • 株式会社九重雑賀
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup076:七福神:菊の司酒造

七福神(しちふくじん):菊の司酒造七福神(しちふくじん):菊の司酒造

このカップ酒のデザイン、ありがちなワンカップ大関タイプながら、この「UniCup」の文字のデザインがなんとも 70 年代風なのが妙に気に入っている。別の蔵の酒でも、「UniCup」という名前のついたカップ酒もあったりするし、このデザインにも「七福神」の銘柄名がプリントされていないことからも汎用カップなのかな......と思いつつも、このレトロテイストがいいんだなあ。イメージとしては、手塚治虫の『悟空の冒険』のタイトルロゴデザインなんだけど......わかんないか。

味は、悪くない。妙に甘ったるいようなこともないし、いやな味や香りもない。アルコール添加も増量を目的としてのものではないと蔵のサイトに書いてあったが、これは信用してもいいように思う。飲みやすい酒。燗もいい感じ。

蔵元の菊の司酒造は、本社は盛岡の市街地にあり、造りはここと石鳥谷(いしどりや)でおこなっているらしい。石鳥谷と言えば、南部杜氏の里とも言うべき県下有数の酒造地域。石鳥谷にある道の駅は、酒蔵をイメージしたデザインらしく、次に行くときは寄ってみようと思っている(酒匠館、南部杜氏伝承館も!)。蔵のサイトによると、この蔵の二大銘柄の「菊の司」のうち、「菊の司」は盛岡で、「七福神」は、石鳥谷の七福神工場で醸しているらしい。盛岡は近代的な設備での醸造だが、石鳥谷は手作り的な醸造をおこなっているようだ。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup075:天穏:板倉酒造

天穏(てんおん):板倉酒造天穏(てんおん):板倉酒造

ワンカップ大関タイプの青地に白文字。ただの四角の青地だったらおもしろくもなんともないんだけど、このカップのデザインはなかなか秀逸。多角形なのがいい。アルファベット表記の部分は、普通だけど、その上に小さく「清酒 天穏」とプリントされているところがまたいい。

辛口の酒ながら、甘みを感じるのは糖類添加のせいだろうか。飲みごたえのある味だけど、後に残らない味。普通酒の中では、いい味だと思う。香りは、なつかしい感じの日本酒の香り。

一度飲んでみたいと思っているのだが、この蔵の純米酒はいいらしい。銘柄名の「天穏」は、日蓮宗の経文からとった言葉らしい。

蔵のサイトに、出雲にも松尾神社があるということで調べてみたら、主祭神は、久斯之神(くすのかみ)だという。久斯之神は、少名毘古那神(少彦名神:すくなひこなのかみ)の別名らしく、大国主とともに国造りをした神らしい。大国主は、国神(くにつかみ)で、少名毘古那は海を越えてやってきた異国の神。この醸造と関わりのある少名毘古那が海からやってきたということは、やはり醸造の起源が異国からやってきたことを意味するのだろうか。京都の松尾大社は、大山咋神(おほやまくひのかみ)と中津島姫命(なかつしまひめのみこと)。後に大山咋神も祭られるようになったらしい。この神社は別名「佐香神社」とも呼ばれ、「さかじんじゃ」と読む。『出雲風土記』にも

佐香郷(さかのさと)郡家(こおりのみやけ) の正東(うのかた)四里一百六十歩(あし)なり。佐香の河内に百八十神集い座して、御厨立て給いて、酒を醸させ給いき。即ち百八十日喜讌して解散坐(あらげま)しき。故、佐香と云う

......とあり、古くから酒とのつながりが深いようだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup073:酔仙:酔仙酒造

酔仙(すいせん):酔仙酒造酔仙(すいせん):酔仙酒造

ゆらゆらっとした書体で、銘柄名がカップの周囲にプリントされている。黄緑の枠のロゴがあれば、十分なような気がする。

さて、普通酒の 200 ml ということで、味はいかがなものだろうか。甘い......。日本酒度が +4.0 で、この甘さはどうだろう......。アルコール度数は、一般的な日本酒の数値だけど、アルコールの味もあまり感じられない。やっぱり普通酒の 200 ml タイプは厳しいものが多いなあ。

酔仙酒造は、前に紹介した活性にごり酒の「雪っこ」の蔵元(「雪っこ」は好き)。主力銘柄は、この「酔仙」。昭和 19 年に八つの蔵が集まって、酔仙酒造の前進となる気仙酒造株式会社を設立したとのこと。焼酎やブランデーも作っている大手メーカー。地元の南部杜氏を抱え、酒造りをしてるらしい。

カップお気に入り度:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup072:東薫:東薫酒造

東薫(とうくん):東薫酒造東薫(とうくん):東薫酒造

あやめの花がプリントされた「東薫 あやめカップ」。茎や葉を描かず、花だけというのもいいし、色もあやめらしくていい感じ。

糖類添加のせいもあってか、甘く感じる酒。『The カップ酒 ベストセレクション 900』に燗がいいと書いてあったので、ぬる燗にしてみたら、確かに飲みやすい。ちょっと口に酸味が残るかな。

文政八年(1825)創業というから、かなり歴史のある蔵。下総の地の利を活かした、舟便と水郷地帯の良質の早場米で酒造りをしてきたとのこと。蔵のサイトでいちばん充実しているのが、「かんばん娘」のコーナー。なんとものどかな......。日本酒を利用した化粧水なんてのも販売しているみたい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup068:真野鶴:尾畑酒造

真野鶴(まのづる):尾畑酒造真野鶴(まのづる):尾畑酒造

珍しい茶色の地。キャップ部分は紫色。カップの裏側には「おけさカップ」とプリントされている。「佐渡おけさ」からの命名。

普通酒クラスでは、飲みやすくて、けっこういい味かも。クセもないし。

佐渡島の西側のくびれの部分の真野湾を臨む真野地区の蔵。蔵のモットーは、「四宝和醸」。蔵のサイトいわく、

真野鶴では、酒造りに欠かせないといわれる「米」「水」「人」に、これらを生む「自然」を加え、四つの宝の和をもって醸す、という意味で「四宝和醸」という言葉を作ってモットーとしています。

『夏子の酒』に「和醸良酒」という言葉が出てきたが、この「四宝和醸」もいい言葉。昭和 46 年生まれの若い杜氏ががんばっている(全国新酒鑑評会 6 年連続金賞受賞!)というのも好感が持てる。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup066:國稀:国稀酒造

國稀(くにまれ):国稀酒造國稀(くにまれ):国稀酒造

赤と黄色のリンゴが並ぶデザイン。赤と黄色が交互に並んでいるけど、最後に赤が 2 つ連続して並んでいるのがなんか残念。同じイラストの繰り返しかと思ったら、一個ずつちょっと違っている。思いのほか手がかかっている(......というほどでもないか)。

北海道の蔵の普通酒ということでどうだろうと思って飲んでみたけど、悪くない。蔵のデータによると、日本酒度は高めだけど、そんなに辛口過ぎない。すっきりと飲みやすい感じ。甘みも感じられる。『The カップ酒 ベストセレクション 900』には、日本酒度 ±0 なんだよね。どちらが正しいのか......。

このカップ酒を初めて買ったのは、青森だった。リンゴのプリントだし、青森のお酒かと思っていたら、北海道だった。旭川よりも若干緯度の高い増毛町の蔵。日本最北の蔵だとのこと。かつてはニシン漁で栄えたという日本海を臨む町。北海道は酒米の適作地ではないので、兵庫の山田錦や新潟の五百万石も使っているようだが、近年では地場産の吟風という酒米でも醸しているとのこと。

「國稀」は、元々は「國の誉」だったそうだが、日露戦争で活躍した乃木希典陸軍大将に因んで解明したとのこと。地元の増毛からも多く出兵した旭川第七師団は、日露戦争でも活躍し、二百三高地でも多くの犠牲者を出したという。「希」ではなく、「稀」としたのは、陸軍大将の一字をそのまま使うのは、恐れ多いとの深謀遠慮から。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup065:山形正宗:水戸部酒造

山形正宗(やまがたまさむね):水戸部酒造山形正宗(やまがたまさむね):水戸部酒造

「山形正宗」ときて、そのまわりには将棋の駒。であれば、この酒の蔵元は、やはり天童か......と思えば、そのとおり。いいね、こういうデザイン。王将に飛車、角行。日本一の将棋駒の産地、天童市の蔵元らしいデザイン。

細かいデータは不明だが、けっこう辛口の酒。淡麗というのとも違う特徴的な味。

ここの蔵では、すべての製品を伝統的な木槽搾りで上槽しているらしい。蔵元のサイトでは、杜氏自身による山形弁のラジオ CM が聞けたりして、ちょっとおもしろい。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup064:飯豊山:若乃井酒造

飯豊山(いいでさん):若乃井酒造飯豊山(いいでさん):若乃井酒造

緑色で銘柄名を大書。左右に松を従え、背後に白い山の姿。バランスもよくなかなかのデザイン。蔵元のある西置賜郡飯豊町は、その名を冠した飯豊山の山麓にある町。地元のシンボルとも言うべき名峰なのだろう。

かなり甘い。甘口の酒は好きだけど、この甘さはどうだろう......。いわゆるひと昔前の日本酒らしい、日本酒。香りもそんな感じ。普段遣いのお酒といったところ。レンジで熱燗にしてみたら、アルコールがつんと鼻にくるのは仕方ないとしても、意外にも甘さが引っこんだ。すこし飲みやすくなったかな。

鎮守の若宮八幡宮のそばを流れる小川の近くで井戸を掘ったところ、酒造りに適した水が湧きだしたことをきっかけに酒造りを始めた......というのが蔵元の起こり。その起源に因んで、「若乃井」と名乗ったようだ。ここの蔵では、「若乃井」と「飯豊山」を主力銘柄として醸している。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup063:飛良泉:飛良泉本舗

飛良泉(ひらいずみ):飛良泉本舗飛良泉(ひらいずみ):飛良泉本舗

デザインは、これといって特筆すべきところもないありがちなパターン。

200 ml のロングカップということで、期待をせずに飲んでみたら、そんなに悪くなかった。うまいというわけではないけど、ロングカップはおいしくないものが多いので......。糖類・酸味料添加でもある......。

蔵元の飛良泉本舗。最初聞いたときは、岩手の平泉の酒蔵かな......と思ったのだが、そうではなく秋田の蔵。秋田県南部の日本海側の仁賀保という町の蔵。その仁賀保の町の平澤という地域で古くは和泉屋の屋号で廻船問屋をしていたらしい。そこから「平澤の和泉屋」ということで、「ひらいずみ」の銘となったとか。蔵元のサイトには、「地元の画工が越後の良寛和尚に、「飛びきり良い白い水」としたためて当蔵の酒を贈ったことから名付けられたという逸話も残されている」とあったが、これはどうだろう......。歴史は古く、 長享元年(1487・室町時代中期)の創業という。そもそもの本業は、回船問屋で造り酒屋は副業。明治に入ってから、酒造りを本業としたとのこと。山廃を得意とする蔵らしい。銘柄、種別は忘れてしまったけど、この蔵の高級酒を飲んだことがあるが、それはおいしかった。

カップお気に入り度:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup062:一品:吉久保酒造

一品(いっぴん): 吉久保酒造一品(いっぴん): 吉久保酒造

写真だと白でのプリントがとても見づらい......。大きな円に梅の花のイラスト。その下に「いっぴん」と銘柄のロゴがプリントされている。蔵元は、水戸の吉久保酒造。水戸と言えば、偕楽園の梅で有名。その梅をあしらったというところだろう。

日本酒度は、微妙に辛口めに振れてるようだけど、甘みも感じる酒。糖類添加だからだろうか。常温で飲むとちょっぴり辛口らしさも感じる。

元々は水戸藩の米問屋だった粟野屋が寛政二年に酒造りを始めたのがこの蔵の始まりだそうだ。寛政二年と言えば、1790 年。200 年以上の歴史があるということになる。U.G. サトーのデザインする新聞広告のデザインがなかなか秀逸。

このカップ酒は、廃線間近の鹿島鉄道を乗り潰したときに水戸に寄り道して買い求めたもの。あれからもう 10 ヶ月......。鹿島鉄道、よかったな。

2008 年の 1 本めが、糖添カップというのもなんだけど、まあいいか。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup061:奥羽自慢:佐藤仁左衛門酒造場

奥羽自慢(おううじまん):佐藤仁左衛門酒造場奥羽自慢(おううじまん):佐藤仁左衛門酒造場

白地に青の銘柄名。白地に青ということで、ワンカップ大関とは逆パターンだけど、トラディショナルな色のコンビネーション。芸がないと言えば、芸がない。

味は辛口。何気なく飲むと平板な味のように思えるが、口に含んでしばらくすると旨味が感じられる。

蔵元のある鶴岡市といえば、米どころの庄内平野。この「奥羽自慢」は、地元、櫛引町に古くから伝わる「黒川能」のふるまい酒としても供されるという歴史のある銘柄とのこと。酒蔵は、茅葺き屋根、享保 9 年創業の堂々たる古蔵。当主は代々「仁左衛門」の名を継いでいるという。

カップお気に入り度:ー

  • 佐藤仁左衞門酒造場
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup060:春日山:武蔵野酒造

春日山(かすがやま):武蔵野酒造春日山(かすがやま):武蔵野酒造

さくらのプリントのカップ酒。ある意味、カップ酒らしいとも言えるけど、絵が好きになれない。このデザイン、実は前にも紹介している。「スキー正宗」のとき。まったく同じデザイン。この「春日山」も、「スキー正宗」も同じ蔵。武蔵野酒造。要は使い回しということ。さすがにキャップには、それぞれの銘柄が印刷されているけど。「スキー正宗」に桜の花はあってないけど、「春日山」だったら相性はいい。

味は、よく言えばすっきり。悪く言えば、薄っぺらい味。辛口ながら、舌の上で転がすと、ほんのり甘みを感じる。糖類は無添加とのこと。

蔵のある新潟県上越市は、上杉謙信生誕の地。謙信の居城だった春日山城にちなんでの命名とのこと。

カップお気に入り度:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup058:麗人:麗人酒造

麗人(れいじん):麗人酒造麗人(れいじん):麗人酒造

水色のバックに「麗人」のロゴと「歴史と水の蔵」の文字が浮かぶすっきりとしたデザイン。ロゴを通して向こうが透けて見える。

すっきりとした飲み口だけど、舌の上で転がすとけっこうしっかりとした味が感じられる。酸味もあるかな。ちょいと辛口。

上諏訪駅の前を通る国道 20 号線には、酒蔵がいくつもある。「真澄」で有名な宮坂醸造、酒ぬのや本金酒造、「横笛」の伊東酒造、「翠露」の舞姫酒造とまさにひしめきあうように。そのうちの一軒が、この「麗人」の蔵元、麗人酒造。主力銘柄の「麗人」に加え、古酒にも力を入れている。「洒古里」という銘柄。試飲させてもらったけど、白ワインのような味に仕上がっている。チーズがあいそうな味。買ったけど、まだ飲んでない。いいチーズを買ってこよう。「諏訪浪漫麦酒」という地ビールも造っている。

諏訪の町の酒屋をいろいろ覗いたが、意外にこの「麗人」のカップ酒は置いていない。「真澄」や「舞姫」はどこにでもあるんだけど。諏訪湖畔の日帰り温泉施設「片倉館」(昭和初期のレトロ建築がすばらしい)の休憩室では、この「麗人」を置いていた。このカップ酒は、直接蔵元で購入。もう何回も行ったことあるけど、薄暗い店内(昔の酒蔵って感じ)にきれいなおねえさんがいつもいる。直売コーナーにカップ酒が置いていないので、おねえさんに言って奥から出してもらった。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup057:金蘭黒部:市野屋商店

金蘭黒部(きんらんくろべ):市野屋商店金蘭黒部(きんらんくろべ):市野屋商店

青で銘柄を筆文字で大書。文字のバランスもよく、好印象。背景に描かれている絵も筆で描かれた水墨画風のもの。写真ではわかりにくいだろうが、描かれているのは、銘柄にもある黒部のダム。地元北アルプスの代表的なランドマーク。

蔵元のあるのは、黒部立山アルペンルートの長野側の拠点、大町。かつては「福正宗」、「富久蘭」といった酒を世に送りだしていたようだが、黒部ダムの建造を機に「金蘭黒部」を主力銘柄にしたとのこと。ローカル色が前面に押し出されていて、好印象。

思いのほか味が濃い。もう少し旨味が欲しい気もするが、しっかりしたボディが感じられるだけでもいいかも。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup056:都錦:都錦酒造

都錦(みやこにしき):都錦酒造都錦(みやこにしき):都錦酒造

何だかよくわからない花がプリントされたカップ酒。脇に「りんどう」と書いてあるので、「そうなんだー」と思う。りんどうならりんどうとわかるような色を使えばいいと思うんだけど......。以前に紹介した黒澤酒造の「雪国」のようなデザインなら、直感的にわかるんだが。ちょっと線もごちゃごちゃしているのがよけいにわかりにくくなっている原因かも。

昔懐かしい感じの味のする酒。口に残る味がちょっと気になるかな。

中国山地の豊かな伏流水に恵まれた、江津市に蔵元はある。すぐ近くには、江の川が流れ、日本海も目の前という立地。ボタンやバラの花びらを浸して、その色を生かしたリキュールなんかも作っているようだ。無農薬の米を原料にした「自然酒」なる酒も醸している。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup055:能鷹:田中酒造

能鷹(のうたか):田中酒造能鷹(のうたか):田中酒造

青地に白のプリントというトラッドなカップ酒カラーを配したデザイン。銘柄が力強い書体でプリントされている直球タイプ。「200 カップ」とお得感の演出も怠らない。

200 ml 入りのロングカップにはどうもいい印象がない。もちろん、180 ml だろうが、200 ml だろうが、おいしいものはおいしいだろうし、そうでないものはそうでないんだろうけど、200 ml にはハズレが多いように思う。この「能鷹」は、よく言えば淡麗辛口ということなんだろうけど、どうも水っぽいような気がする。雑味も若干感じてしまう。

蔵元の田中酒造の屋号が、「能登屋」であったことから、「能」の一字を。さらに、「能ある鷹は爪隠す」から「鷹」を。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup053:越乃千禄:諸橋酒造

越乃千禄(こしのせんろく):諸橋酒造越乃千禄(こしのせんろく):諸橋酒造

筆文字で「千禄」と大書。その左横には滝の絵。何の滝だろう......。長岡の滝ということで調べてみると「栖吉不動滝」というのがみつかった。写真も何枚かあるが、その同定は困難。栖吉不動滝は、落差 10 m ほどの滝で、修験者の修行場らしい。脇の岩に不動尊が彫ってあるのが特徴。残念ながら、このカップ酒のイラストからは、その不動尊の確認もできない。

辛口。平板な味。

諸橋酒造は、調べてみると、「越乃景虎」の蔵元らしい。おもしろいことに、蔵元のサイトには、この「越乃千禄」に関する記述がまったくない。カップの裏に発売元が新潟市の土田商店とあるが、何らかの理由があって、蔵元の自社サイトでは紹介をしていないのかもしれない。銘柄名の「景虎」は、もちろん、上杉謙信の元服名、長尾景虎。地元の英雄、上杉謙信にちなんでの命名。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup052:笹の川:笹の川酒造

笹の川(ささのかわ):笹の川酒造笹の川(ささのかわ):笹の川酒造

なんとも芸のないデザインのカップ酒。

キャップの原材料を見てびっくり。いわゆるアル添の醸造アルコールはよいとしても、糖類、酸味料、調味料......添加物のオンパレードと見るべきか、正直な原材料表示と見るべきか。蔵元のサイトには、全国新酒鑑評会の金賞受賞をはじめ、5 冠を達成(全国新酒鑑評会、東北清酒鑑評会、南部杜氏新酒鑑評会、福島県春季鑑評会、福島県秋季鑑評会)とあるので、よい酒はよい作りをしているのかもしれないが......。

甘くも辛くもない酒。

カップお気に入り度:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup050:福壽:神戸酒心館

福壽(ふくじゅ):神戸酒心館福壽(ふくじゅ):神戸酒心館

このブログで取り上げたカップ酒もついに 50 本め。カップ酒 5 升記念として、いままでのいちばんのお気に入りカップをご紹介。

レトロかつポップなデザインで、カップ酒デザインの最高峰、神戸カップ。中に入っている酒の銘柄は「福壽」なのだが、カップに「神戸カップ」と大書されているので、「神戸カップ」での名が知られている。オレンジの背景色に「神戸カップ」のロゴ。その右には、風見鶏。神戸名物の洋館の風見鶏だろう。さらにその右には、錨のマークの酒蔵。一方、ロゴの左には、船。港町神戸の象徴。さらにその左には洋装の女性。そして神戸タワー。これでもかと言わんばかりの、神戸のイメージを展開。写真には写っていないが、「地震ニモ負ケズ、神戸ハ再ビ発展ス」との文字も見られる。

灘の酒らしく、辛口の男酒。

有楽町のむらからまちから館で購入。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup048:アルプス正宗:亀田屋酒造店

アルプス正宗(あるぷすまさむね):亀田屋酒造店アルプス正宗(あるぷすまさむね):亀田屋酒造店

数多くある「○○正宗」のひとつ。長野からは「アルプス」。やはり「(カタカナ)+正宗」のネーミングは笑ってしまう。蔵元のある長野県の名峰、日本アルプスをデザインしたカップ。長野のお酒には、日本アルプスをデザインしたものが多いな。青と白のプリントで版画風。すっきりとしたデザインで好感が持てる。蔵元のあるのは、松本市。ということは、穂高や乗鞍あたりの眺めだろうか。

細かいデータが見当たらないので詳しくはわからないけど、甘口でも辛口でもない感じ。すっきりと飲みやすい感じではある。

たしか、西荻の酒屋で買ったもの。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup046:神鷹:江井ヶ嶋酒造

神鷹(かみたか):江井ヶ嶋酒造神鷹(かみたか):江井ヶ嶋酒造

黒壁の建物が 2 棟描かれている。蔵元の酒蔵かなと思っていたんだけど、蔵元のウェブサイトを見れば一目瞭然。このカップのデザインとまったく同じ建物の写真が掲載されていた。わかりやすい。版画のようにはっきりした画風で、カップ酒にはもってこいのデザインと言えるかもしれない。明治 20 年代に建造された蔵だとのこと。全部で 7 棟の木造の蔵があるらしい。

味の方は、辛口、男酒。クセのない味で、飲みやすい。けど、いわゆる淡麗辛口タイプなので、好みの味ではない。

蔵元の江井ヶ嶋酒造は、日本酒だけでなく、焼酎、ウィスキー、ワイン、ブランデー、みりん......と幅広い総合酒造メーカーらしい。焼酎も造っている日本酒の蔵はちょこちょこあるけど、ワインやウィスキーまで造っているのは珍しい。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup045:真鶴:田中酒造店

真鶴(まなつる):田中酒造店真鶴(まなつる):田中酒造店

カップをぐるりと取り巻く鶴の群れ。これだけの細い線で、これだけの絵をプリントしたカップというのは、あまたあるカップ酒の中でもトップクラスかもしれない。写真だと裏側の鶴も映りこんでしまっているので、ちょっと見づらいかも。鶴の飛来地にちなんでというわけではなく、銘柄にちなんでのデザインのようだ。江戸時代に「東華正宗」を伊達藩主に献上したところ、お気に召され、「真鶴」の名を賜ったのだという。1789 年に酒造を始めたという歴史のある蔵のようだ。

飲みやすいお酒。しかし、全然お酒を飲んでいる気にならない。甘みが目立っている。香りからも味からもあまりアルコールが感じられない。糖類添加、酸味料添加ということらしいが......。冷酒から常温に近づくにつれ、少しずつ日本酒っぽい味になってきた。社長のインタビュー記事に

今どきの香り強い酒ではなく、きちんと味があって透明な酒が好きなんです。そんな酒を目指して造っています。

とあった。そんな雰囲気も感じる。

とあるサイトには蔵元のサイトの URL が記載されていたけど、アクセスできない。かつては存在したのかもしれないが、そのドメインはもはや存在していないらしい。

池袋にある宮城県のアンテナショップで購入。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup039:雪国:黒澤酒造

雪国(ゆきぐに):黒澤酒造雪国(ゆきぐに):黒澤酒造

藍色のりんどうの花と緑の茎がすてきなコンビネーションのカップ酒。花柄のフラワーカップでは、かなりお気に入りの部類かも。ちゃんと「りんどう」と書かれているところも親切。

山吹色のお酒は、なかなか濃厚な味わい。味のほうもお気に入り。甘みと旨味、酸味がちょうどいい感じでマッチしている。

醸造元は、黒澤酒造。ここの主力銘柄は、「井筒長」。同社のウェブサイトによると「雪国」は、販社の国分株式会社のブランドなのだと言う。ここがが一手にマーケティングをおこなっているらしい。国分のウェブサイトを見ると「地酒蔵元会」という組織を運営していて、地酒の蔵元のマーケティングを担当している......という印象。地産地消以上のマーケティングを小規模の蔵元がおこなうとなると、こういう手もありだな。『The カップ酒 ベストセレクション 900』には、このカップ酒と同じデザインのものが「井筒長」の銘柄で紹介されている。「雪国」と「井筒長」は中身はいっしょなんだろうか。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup037:男山:男山

男山(おとこやま):男山男山(おとこやま):男山

北海道は旭川の男山(北海道の大手酒造メーカーのひとつ)の「男山」フラワーカップ。フラワーカップには、4 種類あって、これはそのうちの「ひまわり」バージョン。カップ酒には珍しいスリガラス仕様。いろんなメーカーが花柄のフラワーカップを出しているけど、この男山のデザインは、あまり好きではない......。もっとしっかりした線で描かれているのが好き。カップ自体のデザインは、口がすぼまった曲線的なデザインで、これもユニーク。

味の方は、すっきりとした感じ。「男山」という名前なので、辛口なのかなと思うんだけど、そんなに辛く感じない。ひとつ気になるのは、飲んでも飲んでもアルコールの香りが感じられること。キャップを開けたときに、いかにもアルコール......という香りがするものは多いけど、飲んでいる間に気にならなくなるものが多い。この「男山」は、最後までアルコールの香りがする。アル添(アルコール添加)の量が多いのだろうか......。冷酒でこうだと、熱燗にするとキツいかも。

近所のスーパーに地酒カップ酒にちょっとだけ力を入れている店があって、そこで購入したもの。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup036:由利正宗:齋彌酒造店

由利正宗(ゆりまさむね):齋彌酒造店由利正宗(ゆりまさむね):齋彌酒造店

紅梅、白梅のおめでたいデザインのカップ酒。昭和テイストなゆるいデザイン。

甘口の懐かしい感じの味わい。とはいえ、糖類添加ではないらしい。味の方も、昭和テイスト。

蔵元のサイトを見てみたが、現在の主力商品は「雪の茅舎」シリーズらしい。地元での売上高ということで言えば、「由利正宗」が「雪の茅舎」を上回っているのかもしれないけど、対外的に打ち出したいのは「雪の茅舎」らしい。カップ酒にボトリングされる普通酒の商品ラインナップをウェブサイトであまり説明しない蔵元は多いけど、サイトでは「由利正宗」の説明はまったくなく、その銘柄を醸しているという事実はほとんどわからない。蔵元には、明治時代に建造された建物が何棟も残っていて、国の有形文化財指定を受けているらしい。

このカップ酒は、有楽町の交通会館にある秋田県のアンテナショップ「花まるっ秋田ふるさと館」で購入したもの。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup035:北の勝:碓氷勝三郎商店

北の勝(きたのかつ):碓氷勝三郎商店北の勝(きたのかつ):碓氷勝三郎商店

大きなカニがプリントされたインパクトのあるデザイン。写真の中央のカニはどうやらタラバガニのようだ。実は、もう一種類別のカニがプリントされている。こちらは、花咲ガニというカニのようだ(イラストで見てもいかにも違う種類のようだったので調べてみた)。花咲ガニは、蔵のある根室を代表する海の幸だとのこと。濃厚な味が特徴で、茹でて食べるととてもおいしいらしい。あと、サケ(魚の鮭)のイラストも。鼻曲がり。緑色は昆布。......ということで、北の海の幸満載のデザイン。けっこうお気に入りのカップ酒。

もしかしたら燗酒がおいしいかもと思い、人肌燗に。うん、いける。冷酒よりまろやかな味になった。ボトリングされているのは、「北の勝」の「鳳凰」。

この「北の勝」は、あまり道外、いや道東以外の道内にすらあまり流通していないらしい。根室市内の酒販店には置いてあるらしいけど。とはいえ、EC サイトでの通信販売は何軒かあるようだ。これは、八重洲の北海道フーディストで購入したもの。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup033:此君:佐藤酒造店

此君(このきみ):佐藤酒造店此君(このきみ):佐藤酒造店

青地に白抜き、「CUP」の大書、ワンカップ大関タイプのデザイン。「清酒一日不可無」とコピーが書かれているのがいい。

甘みが感じられ、鼻にアルコールがふわっと抜ける感じがいい。もう少しふくらみが欲しいような気もするけど、薄っぺらい味ではない。好感の持てる酒。

この蔵の酒は、まさに地酒。蔵のウェブサイトで見たところ、ほとんど地産地消的な流通のようだ。山形北部、最上の中心都市、新庄から 20 分ぐらい陸羽東線に揺られたあたりで瀬見温泉にたどりつく。小さな温泉街。歩いて数分程度で終わってしまうの温泉街。兄・源頼朝に追われた義経一行がこの地を訪れた折に弁慶が岩を愛刀・瀬見王丸で突き刺した場所からお湯が湧出したという伝説がある。公民館に地域の人用(缶おこう客も利用可)の温泉もある。その一角に蔵元の佐藤酒造店はある。旅の途中ということもあり、カップ酒をひとつだけを蔵で購入したけど、カップ酒でこの味なら、上位クラスの酒も試してみてもいいかな。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup032:春鶯囀:萬屋醸造店

春鶯囀(しゅんのうてん):萬屋醸造店春鶯囀(しゅんのうてん):萬屋醸造店

葛飾北斎の『富嶽三十六景』より「甲州石班沢」(こうしゅうかじかざわ)をプリント。最初はどこの絵だかわからなくて、山梨のお酒なのになんで海なんだろう......と思っていたのだが、山梨での作品だった。石班沢は、笛吹川と荒川、釜無川が合流して富士川となるエリアだという。現在は、「鰍沢」と綴られる。駿河と甲斐を結ぶ水運の交通の要衝だったらしい。蔵元はまさに川の合流地点にほど近いところにあって、まさにこの作品をカップ酒のデザインに採用するにふさわしい蔵と言える。

日本酒度的には、辛口なんだけど、ふわっとした甘みが感じられて、好きな味。カップ酒にありがちな薄っぺらい味でないところがお気に入り。

昭和 8 年に以前より交流のあった与謝野晶子がこの地を訪れた際に、

法隆寺など行く如し甲斐の御酒
春鶯囀のかもさるゝ蔵

と詠んだのを銘柄名に採用したとのこと。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup030:御代櫻:御代櫻醸造

御代櫻(みよざくら):御代櫻醸造御代櫻(みよざくら):御代櫻醸造

カップ酒ブームの牽引役ともなった御代櫻。通称、パンダカップ。東京上野動物園にパンダが初来日したのを記念してデザインされたカップ。よく見ると、目のあたりがいまひとつかわいくなかったりするんだけど......。同じくパンダをあしらった純米酒のパンダカップもある。こちらは、別デザインで、笹......というか竹が緑色でプリントされたものの発売されている(あまり流通していない)。

普通酒。甘みが感じられる飲み口。すっきり系。

近所のスーパーで買ったもの。カップ酒を扱っている EC サイトの多くで入手可能。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup029:お福正宗:お福酒造

お福正宗(おふくまさむね):お福酒造お福正宗(おふくまさむね):お福酒造

お気に入りのデザインのカップ酒。大きく「やまこしの郷」とプリントされている。新潟中越地震で話題になった山古志村の「やまこし」。その上のイラストはちょっと見づらいけど、錦鯉。あの辺りで養殖しているらしい。下のイラストも山古志の闘牛。こういう地方色豊かなデザインは好き。

普通酒。すこし甘みのある味わい。新潟は、男酒(辛口)が多いので、また男酒かなと思ったんだけど、そうではなかった。淡麗系ではなく、軽くボディを感じるタイプ。

蔵元は、山古志村ではなく、長岡市(旧山古志村は、2005 年に長岡市に編入)。原材料の米を山古志の契約農家に作ってもらっているらしい。きっと地震直後は大変だっただろうなあ。

たしか、このカップ酒は、新潟出張で買ってきたもの。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup028:神渡:豊島屋

神渡(みわたり):豊島屋神渡(みわたり):豊島屋

文字主体のデザイン。三社札風の文字で「みわたり こっくんかっぷ」とプリントされている。この「こっくんかっぷ」というネーミングがかわいい。

普通酒。さほどの辛口っていう感じではない。すっきりした味。とはいえ、すこし旨味のようなものも感じられる。

蔵元のある豊島屋は、長野県の諏訪湖畔の岡谷市にある。諏訪湖は冬に結氷する。厳寒期には、その氷に亀裂が走る。さらに亀裂が盛り上がるという現象。これを「御神渡り」という。上諏訪の上社の男神が下諏訪の下社の女神に会いにいくのだという。一度見てみたいけど、ここ数年は暖冬のせいで結氷することも少ないのだとか。

上諏訪、下諏訪の温泉巡りをしている途中に購入したもの。諏訪は湯量が豊富で、共同浴場も多い(共同浴場は、上諏訪よりも下諏訪のほうが多い)。諏訪駅には、足湯もあったりする。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup026:丸眞正宗:小山酒造

丸眞正宗(まるまさまさむね):小山酒造丸眞正宗(まるまさまさむね):小山酒造

青地に白抜きの文字というワンカップ大関フォロワーのデザイン。三社札のような書体で「江戸の地酒」とプリントされているのがひとひねり。

「正宗」系の辛口。とはいえ、カップ酒の辛口にありがちなとがった味ではなく、ちょっとまろやかな味わい。甘みはほとんど感じない。アミノ酸度も低いような気がする。飲みやすい。

蔵元は、東京都内唯一の酒蔵。赤羽駅のすこし北側、荒川にほど近いところにある。以前、ちょくちょくこのエリアを散歩してたことがあるから、蔵元の前を通ったことがあるかも。秩父からやってくる伏流水を使っての酒造りをやっているらしい。あんなこところにも造り酒屋があるんだなあ。赤羽と言えば、大衆酒場まるます。ひさしぶりに行きたい......。「まるまさ」、「まるます」......似ている(まるますでは丸眞正宗は扱ってなかったと思う)。近くのおでん屋さん(立ち飲み併設)で、おでんをぱくつきながら、「丸眞正宗」を飲んでいる人がいたなあ。ある意味、地産地消。ちょうどそのおでん屋さんの記事を見かけたので、リンク(トラックバック URL がないの......)。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup025:歡の泉:中田酒造

歡の泉(よろこびのいずみ):中田酒造歡の泉(よろこびのいずみ):中田酒造

どうしても東日本のカップ酒が多くなりがちなので、ちょっと外して岡山のカップ酒。自分の活動エリアの酒販店で見かけることはあまりないけど、居酒屋の看板※なんかこの銘柄名を見かけたりする。

チューリップをあしらったフラワーカップ系。これまた昭和テイストのデザイン。なかなかいい。道ばたのお地蔵さんの前に置いておくととてもマッチしそうなイメージ。

ひさしぶりの非淡麗辛口系。データを見る限りでは、甘口というほどでもないけど。カップを開けると、アルコールの香りが鼻に抜ける。飲んでいる間(おそらく温度が上がって)に微妙な味わいが感じられるようになる。

蔵元は、岡山の一大観光地の倉敷市にある。瀬戸大橋の起点の鷲羽山にもほど近いロケーション。日々草やベゴニアを使った花酵母を使って醸しているらしい。これ以外にも酒造りの様子や原料米の情報などを自社サイトに掲載しているところが好感が持てる。

※居酒屋の看板の上の方に小さく日本酒の銘柄が広告として入っているアレ。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup024:田舎親父:六歌仙

田舎親父(いなかおやじ):六歌仙田舎親父(いなかおやじ):六歌仙

カップには何頭かの動物のシルエット。牛のような、羊のような、鹿のような......。

またまた、カップ酒にありがちな淡麗辛口系。かなりあっさりした味わい。もうすこし(いい意味での)田舎くささ(質実剛健系)があるといいんだけど。なぜかアルコール度数は若干低め。

蔵元は、さくらんぼで有名な山形県東根市。温泉町の名に違わぬ東根温泉も近くにある。

近くのスーパーのレギュラー商品。

カップお気に入り度:★

  • 株式会社六歌仙
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:14 - 15 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup021:冨の寿:冨安

冨の寿(とみのことぶき):冨安冨の寿(とみのことぶき):冨安

なんともチープなチューリップのイラスト。植物をプリントしたカップ(通称フラワーカップ)は数々あれど、ここまでシンプルかつチープなイラストは珍しい。昭和テイスト炸裂。

甘みの感じられる味。キャップに書かれていた原材料に「糖類」と書いてあったのだが、そのせいだろうか。

焼酎エリアの九州にも日本酒の蔵元はある。でも、やっぱり北九州エリアがほとんど。この冨安合名会社の商品ラインナップにも、焼酎がある。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup019:銀嶺月山:月山酒造

銀嶺月山(ぎんれいがっさん):月山酒造銀嶺月山(ぎんれいがっさん):月山酒造

黄緑のプリントが印象的なすっきりデザイン。こういうデザインはけっこう珍しい。こういうラベル風なプリントカップで黄緑色っていうのも珍しいかも。山形の名峰、月山の麓にある酒蔵らしく、このカップデザインも山の端を表したものかも。

けっこうありがちな味。熱燗にしたほうがおいしかったかな。

新庄の駅のそばのコンビニで大人買いしたうちの一品(あ、カップ酒は大人しか買わないか......)。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup017:喜楽長:喜多酒造

喜楽長(きらくちょう):喜多酒造喜楽長(きらくちょう):喜多酒造

青と白のプリントで、鶴を描いたカップ。ちょっと調べてみたけど、蔵元のある町にツルの飛来地があるとか、そういう記述は見当たらなかった。銘柄の名前もプリントされていないので、汎用カップなのかも。

添加された糖類のせいか、甘口に感じる。残念ながら、あんまりおいしくない。とはいえ、独立行政法人酒類総合研究所主催の全国新酒鑑評会にて四年連続金賞受賞と蔵元のウェブサイトには書いてあるので、ちゃんと作ったお酒の方はおいしいのかも。

滋賀に出張に出かけたときにスーパーで購入したもの。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup016:鮎正宗:鮎正宗酒造

鮎正宗(あゆまさむね):鮎正宗酒造鮎正宗(あゆまさむね):鮎正宗酒造

清流を泳ぐ鮎の姿を描いたカップ。淡い色のイメージでインパクトには欠けるが、黄緑の輪郭線をベースに、涼しげなイメージで好印象。

昭和の初めに若宮博義殿下が蔵元のある妙高は猿橋を訪れ、鮎釣りをお楽しみあそばされた際にいただいた名前とのこと。近くの川にはいまも鮎をはじめとした川魚や沢蟹がいるとのこと。水に恵まれた地域なんだろう。

辛口のカップ酒が多い新潟の銘柄の中では珍しい甘口。旨味も感じて、飲みやすい。

近所のスーパーで購入。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup015:母情:平野醸造

母情(ぼじょう):平野醸造母情(ぼじょう):平野醸造

写真だとすこしわかりにくいかもしれないけど、赤字でプリントされた「母情」のロゴの左側には踊りを踊っている人たち、山車、民謡の歌詞のようなものがプリントされている。この「母情」を醸している平野醸造は、岐阜は郡上八幡の蔵元。このカップに描かれているのは、郡上八幡の郡上踊り。

プリントされている民謡の歌詞は、代表曲のひとつ、「かわさき」(リンク先ページには動画あり。いきなり再生されるので注意)の一節。

郡上のナー、八幡 出てゆく時は アソンレンセ
雨も振らぬに 袖しぼる 袖しぼる
ナオ袖絞る アソンレンセ

すこし甘口。酸味が後口に残る。好きな味かも。

郡上踊りの大好きな友だちに誘われた「郡上踊り in 青山」同時開催の物産展で入手したもの。風物詩がプリントされたものということで、お気に入り度高め。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup014:萬寿鏡:マスカガミ

萬寿鏡(ますかがみ):マスカガミ萬寿鏡(ますかがみ):マスカガミ

筆書きの「萬寿鏡」のバックに地球がプリントされた珍しいデザインのカップ。「萬」の字の左あたりにあるのが、日本。「寿」の左がオーストラリア。この写真を見て気づいたんだけど、太平洋に大きな島がプリントされている。これは......と思ってカップを見てみると、裏側にプリントされた新潟県だった。新潟県の中で蔵元の所在がどのあたりなのかがわかるように印がついている。黄緑と水色の色違いがある。

このカップ酒、背面に「マスカガミ ワールドカップ」とプリントされているんだけど、その上には「マスカガミカップ」と書かれたシールが貼ってあって、「ワールドカップ」という文字が見えないようになっている。これは、FIFA にクレームでもつけられたんだろうか。あるいは、初光酒造からか。しかし、初光酒造も FIFA と法廷闘争したようなので、違うのかな。

味は、すっきり。辛すぎない辛口。新潟は、辛口のお酒が多いな。

通信販売で購入したもの。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup011:スキー正宗:武蔵野酒造

スキー正宗(すきーまさむね):武蔵野酒造スキー正宗(すきーまさむね):武蔵野酒造

ちょっと前のエントリで、「ほげほげ正宗」について書いたので、ついでにこのカップの紹介。

「正宗」の名に違わぬ辛口。冷酒で飲んでいる間は、辛口感が強かったけど、しばらく室温になじませてみると、若干の甘みを感じる。とはいえ、辛口のお酒なので、さらりとしたもの。

名前の由来は、蔵元のある越後高田が、日本のスキー発祥の地であることにちなんだものらしい。戦時中は、「スキー」は適性語であるとして、「寿亀正宗」と称していたらしい。

カップのデザインは、桜をあしらったものだけど、これは汎用カップ。カップには銘柄をプリントせず、キャップ部分に銘柄や製造者名をプリントしたもの。同じデザインで流通している別の蔵元のカップ酒もある。雪山でスキーに興じる人たちなんてのは、いいデザインだと思うけど、残念......。なので、評価は、▼

カップお気に入り度:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup010:王紋:市島酒造

王紋(おうもん):市島酒造王紋(おうもん):市島酒造

10 本めは、お気に入りのカップ酒。このカップに書かれている「王紋」の「aumont」というフランス語風な綴りと、それを囲むように描かれている盾型のエンブレムが妙にヨーロッパっぽさを醸し出しているのが気になっていたんだけど、市島酒造の四代目がヨーロッパに留学した際にヨーロッパ王室のエンブレムにインスピレーションを受けて、このデザインにしたとのこと。

味は、辛口・淡麗系。酸味が感じられる。

蔵元の市島酒造は、日本初の女性杜氏を抱えたことでも有名らしい。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup009:十一正宗:森戸酒造

十一正宗(じゅういちまさむね):森戸酒造十一正宗(じゅういちまさむね):森戸酒造

なかなか独特な味。なんて表現すればいいのかがよくわからない。濃厚というのとは違う。なんだろう......。

十一正宗を作っているのは、栃木は那須の小さな蔵元、森戸酒造。自社のウェブサイトはないみたい。

おもしろいのは、この銘柄の由来。甘すぎず、辛すぎず......というのを「十一」と表現したらしい。日本酒の甘口度・辛口度を表現する指標で、日本酒度というのがあるのだが、それを+(プラス:辛口)やー(マイナス:甘口)の値で表現する。甘口でもなく、辛口でもないときには、日本酒度は ± になる。それを「十一」と表現しているらしい。

那須の温泉に行ったときの帰り道に寄った酒屋さんで購入。

カップお気に入り度:★★

  • 森戸酒造株式会社
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール・糖類
  • 使用米:ー
  • 精米歩合:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup008:越の華:越の華酒造

越の華(こしのはな):越の華酒造越の華(こしのはな):越の華酒造

新潟の夏といえば、花火。その花火をカップ全面にあしらったカップ。大きな橋も描かれているけど、これは阿賀野川か、信濃川か。新潟のシンボルの橋といえば、萬代橋。......ということは、阿賀野川ではなく、信濃川。夏のイメージの花火がフィーチャーされているけど、実はその裏の方には、白鳥と山がプリントされている。どこの山なんだろう。この周囲の名山といえば、八海山だろうか。

カップ酒には、地元の名物・風物詩をプリントしたものがけっこうあるけど、このカップのようにそれらをてんこもりにしたものはおもしろい。「この山はどこの山?」とか「この祭りはなに?」とか調べながらお酒を飲んでいるとなかなか楽しい。

味は、普通かなあ。

たしか、新潟に出張に行ったときに、泊まったホテルの近所のコンビニで買ったような......。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup007:月の井:月の井酒造店

月の井(つきのい):月の井酒造店月の井(つきのい):月の井酒造店

動物のイラストをプリントしたいわゆる「キャラクターもの」(カップ酒界のキャラクターものというのは、アニメキャラクターなどをプリントしたようなものではない)。エンゼルフィッシュをプリントしたかわいいカップ。カップとしてのお気に入り度は、かなり高い。口からぷくぷくっと浮いてくる気泡がなんとも(写真には写ってない)。

甘口でも辛口でもない。酸味や旨味が立っているわけでもない。平板な味。成分を見てみると、糖類添加とのこと。いわゆる安酒......とはいえ、意外に飲みやすい気もする(朝から三本目なので、酔っぱらってきたのかな......)。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup005:武勇:武勇

buyu.png武勇(ぶゆう):武勇

茨城のお酒。辛口。口に含むとその辛みと若干のコクを感じるが、さっと消える感じ。香りは酸味を感じるも、味にさほどの酸味はない。

ラベルにプリントされているのは、地元の筑波山(山の形からそう見える)と何かよくわからないもの。あまりうまい絵とは言えないなあ。

蔵元の所在している茨城県結城市は、結城紬の産地だそう。

カップお気に入り度:ー

  • 株式会社武勇
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:ー
  • 酸度:ー
  • アミノ酸度:ー
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:山田錦・日本晴
  • 精米歩合:70 % 以下

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup004:出羽桜:出羽桜酒造

dewazakura.png出羽桜(でわざくら):出羽桜酒造

山形の名酒、出羽桜のカップ酒。大きく赤地がプリントされたトラッドなデザイン。「でわざくら」と白文字でぷりんとされた「で」と「ざ」の濁点は、桜の花びらのようなハート形。意外に細かなデザイン。けっこうお気に入り。

飲んでみると、なかなかおいしい。出羽桜で比較的手に入りやすいところで言えば、「吟醸 桜花」。流通量が多いせいか、ちょっとした居酒屋にも置いてあったりする。このカップ酒には、「花宝出羽桜」と書いてある。さすがに「桜花」までおいしくはないけど、カップ酒にしては悪くない。カップ酒は、平板な味のものが多いけど、これはすこし味がある。

このカップは、肘折温泉に行ったときの新庄駅で購入。駅の脇にコンビニがあって、そこに山形のカップ地酒が山盛り♪ その中のひとつ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup003:奥飛騨:高木酒造

奥飛騨(おくひだ):高木酒造奥飛騨(おくひだ):高木酒造

白地のバックに赤で「奥飛騨」とプリント。その背景には山村の風景。数軒の民家が見えるが、合掌造りの建物。

酸味が少々。旨味も少々。飲んだ後に後口が少し残るが、さっと消える。すっきりとはしているが、こんなもんかな...というところ。あまり口に合わないと、コメントも少なめ......。

蔵元は、下呂温泉の近く。下呂は、草津、有馬と並ぶ日本三名泉だそう。

カップお気に入り度:ー

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup001:千代鶴:中村酒造

千代鶴(ちよつる):中村酒造千代鶴(ちよつる):中村酒造

のっけから旅とは関係なく入手したカップ酒のご披露。ふだん街歩きをしているときに酒屋に立ち寄り、目に留まった地酒カップ酒を買ったりしていて、これもそのひとつ。

写真では見えづらいけど、カップの下にプリントされた「千代鶴」の両脇には二羽の鶴がプリントされている。今後もいろいろ出てくると思うけど、「ワンカップ大関」風の青地のラベルやプリントを全面にフィーチャーした地酒カップは、けっこう多い。

東京都内にもカップ酒を作っている何軒かの蔵元があって、この中村酒造もそのひとつ。

カップお気に入り度:ー

  • 中村酒造
  • 種別:普通酒
  • 容量:180 ml
  • 度数:15 - 16 度
  • 日本酒度:+3.0
  • 酸度:1.4
  • アミノ酸度:0.8
  • 原材料:米・米麹・醸造アルコール
  • 使用米:ゆきの精
  • 精米歩合:65 %

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

Index of all entries

Home > cup > | +type > Regular Archive

Search
Feeds
Flickr Photos
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called cups. Make your own badge here.

Return to page top