Home > cup > hyogo Archive

hyogo Archive

#cup172:菊正宗:菊正宗酒造

菊正宗(きくまさむね):菊正宗酒造菊正宗(きくまさむね):菊正宗酒造

菊正宗のお燗瓶。このお燗瓶は、いままでに紹介したお燗瓶とはプロポーションが異なる。この瓶は、背が低いずんぐりむっくりタイプ。背が低く、体重(内容量:180 ml)はいっしょ。徳利の形をしているから注ぎ口の部分は同じ。となると必然的に胴回りが太くなる。愛嬌のあるデザインではある。

熱燗にすると、こどものころにかいだ日本酒に限りなく近い香りがする。懐かしいような......。大人はこんなの飲んで何が楽しいんだろう......と思ったものだけど、これは大人になっても......。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup141:神結:神結酒造

神結(かみむすび):神結酒造神結(かみむすび):神結酒造

木馬とうさぎのポップでキュートなデザインが特徴的。カップ酒のデザインとしては、最高ランクのお気に入り。配色も好みの黄色・オレンジ系統。木馬、うさぎ、木馬、うさぎ......とカップの周囲に描かれている(うさぎが正面の写真は、こちら)。

価格、原材料から見て、普通酒だろうと思っていたけど、意外に飲めてしまう。おいしいというわけではないんだけど、味が整っているというんだろうか。調べてみると、本醸造酒だった。香りは、いかにも普通酒っぽいんだけど。味で、まず感じるのは甘み。原材料に糖類が含まれていないので、もともと甘口に作られているんだろう(日本酒度は、マイナスの値だった)。灘ではないけど、兵庫の瀬戸内よりの蔵なので、辛口かと思いこんでいた。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup140:竹泉 雄町:田治米

竹泉(ちくせん):田治米竹泉(ちくせん) 雄町:田治米

赤と青の竹林が描かれたお気に入りのデザインのカップ酒。以前紹介した「竹泉醇辛」と同じデザイン。「竹泉醇辛」は、緑と茶色を使った落ち着いた色使いだったけど、こっちはもっとポップなイメージ。デザインはいっしょでも色が違うとずいぶん雰囲気が変わるものだ。

「竹泉醇辛」がおいしい酒だったので、こちらにも飲む前からかなり期待。しかも、こちらは純米吟醸。さらに雄町。その上、無濾過生原酒。期待が膨らまないはずがない。で、飲んでみると......まろやかな香りと味の調和のとれたいい酒。期待どおり。甘味がほどよく、アルコールの辛味と相まって、こなれた仕上がり。かなり好みの味だ。原酒とはいえ、16 度という低めの度数であったせいか、飲みやすく感じた。

蔵元の田治米たじめは、元禄 15 年(1702 年)創業の老舗。300 ねんを超える歴史のある蔵ということになる。但馬の山間の町で但馬杜氏が醸す蔵。

The カップ酒 ベストセレクション 900』や『カップ地酒と車窓旅』に、このカップデザインのカップ酒は、「黒松タケカップ」と紹介されていた。しかも、普通酒。しかし、これは純米吟醸酒。キャップにシールが貼られていて、「もしや」と思い、剥がしてみると、「黒松タケカップ」と書かれていた。普通酒用のカップを流用して、純米吟醸酒を販売しているようだ。もしかしたら、普通酒の造りは止めたのかもしれない。

東京では、ほとんど見かけることがなく、入手したのは、大阪の山中酒の店。見つけたときは、うれしかった♪

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup088:菊正宗:菊正宗酒造

菊正宗(きくまさむね):菊正宗酒造菊正宗(きくまさむね):菊正宗酒造

ここで取り上げるカップ酒としては珍しいナショナルブランドクラスの酒。ナショナルブランドのカップ酒は、紙のラベルを貼ったものが多いけど、この「菊正宗」は、プリントタイプ。中央に「正宗」の文字が配置され、臙脂色と白抜きの文字のコントラストがいい感じのデザイン。上のほうに「キクマサムネ」と小さくプリントされているのもかわいい。

燗にすると、強いアルコールの香りが立ちそうな日本酒らしい香り。全体的に味は濃い感じだけど、「正宗」という名にあるとおり、切れはあるので、濃醇というのとは違う。すこし後味が口にのこるのがいまひとつ。

データを調べているときに、地図を見たところ、この菊正宗酒造のご近所には、白鶴酒造、櫻正宗酒造に剣菱酒造。さすが灘。大手酒造メーカーが林立している。菊正宗酒造の商品ラインナップを見て、意外に感じたのだが、この蔵は総合酒造メーカーではなく、焼酎も出しているようだけど、それ以外はすべて日本酒。へぇ、そうなんだ。

カップお気に入り度:★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup050:福壽:神戸酒心館

福壽(ふくじゅ):神戸酒心館福壽(ふくじゅ):神戸酒心館

このブログで取り上げたカップ酒もついに 50 本め。カップ酒 5 升記念として、いままでのいちばんのお気に入りカップをご紹介。

レトロかつポップなデザインで、カップ酒デザインの最高峰、神戸カップ。中に入っている酒の銘柄は「福壽」なのだが、カップに「神戸カップ」と大書されているので、「神戸カップ」での名が知られている。オレンジの背景色に「神戸カップ」のロゴ。その右には、風見鶏。神戸名物の洋館の風見鶏だろう。さらにその右には、錨のマークの酒蔵。一方、ロゴの左には、船。港町神戸の象徴。さらにその左には洋装の女性。そして神戸タワー。これでもかと言わんばかりの、神戸のイメージを展開。写真には写っていないが、「地震ニモ負ケズ、神戸ハ再ビ発展ス」との文字も見られる。

灘の酒らしく、辛口の男酒。

有楽町のむらからまちから館で購入。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup046:神鷹:江井ヶ嶋酒造

神鷹(かみたか):江井ヶ嶋酒造神鷹(かみたか):江井ヶ嶋酒造

黒壁の建物が 2 棟描かれている。蔵元の酒蔵かなと思っていたんだけど、蔵元のウェブサイトを見れば一目瞭然。このカップのデザインとまったく同じ建物の写真が掲載されていた。わかりやすい。版画のようにはっきりした画風で、カップ酒にはもってこいのデザインと言えるかもしれない。明治 20 年代に建造された蔵だとのこと。全部で 7 棟の木造の蔵があるらしい。

味の方は、辛口、男酒。クセのない味で、飲みやすい。けど、いわゆる淡麗辛口タイプなので、好みの味ではない。

蔵元の江井ヶ嶋酒造は、日本酒だけでなく、焼酎、ウィスキー、ワイン、ブランデー、みりん......と幅広い総合酒造メーカーらしい。焼酎も造っている日本酒の蔵はちょこちょこあるけど、ワインやウィスキーまで造っているのは珍しい。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup040:黒松白鹿:辰馬本家酒造

黒松白鹿(くろまつはくしか):辰馬本家酒造黒松白鹿(くろまつはくしか):辰馬本家酒造

カップ酒には、いくつかバンビカップと呼ばれるものがある。そのうちでも「白バンビ」と呼ばれているのがこの黒松白鹿。背中に斑点のある子鹿がたくさんプリントされている。バンビカップの中でもいちばんかわいいデザインだと思う。お気に入り。カップ酒のプリントは 2 色刷りが多いけど、この「白バンビ」は白、黄緑オレンジの 3 色刷り。

中身は、純米吟醸。えぐ味はないし、悪い味ではないんだけど、純米吟醸と言われてもあまりぴんとこない。吟醸香が感じられないのだ。香りはどちらかというとふつうの辛口の酒のような感じ。

TV でも CM を流しているような大手なので、けっこう流通している。近所のスーパーで購入。

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup038:龍力:本田商店

龍力(たつりき):本田商店龍力(たつりき):本田商店

青の単色プリント。堂々たる書体で「龍力」のロゴが光る。山田錦を 20 %、五百万石を 80 % 使った贅沢な特別本醸造酒。

飲んでみてびっくり。こんなにクセのない味わいは初めてかも(カップ酒では)。すいすいと飲めてしまう。甘みも、旨味も感じるおいしいお酒。兵庫だから、灘に似た辛口の男酒かと思いきや、日本酒度は -1.0。いまのところのカップ酒のベストテイスト。カップ酒ながら、dancyu がフィーチャーするのもわかる。

兵庫播州は、酒米の産地。地場産の山田錦と五百万石を使った本格派の地酒カップ。無農薬栽培なども試みたりしていて、その水田にコウノトリが住んでいるという。「コウノトリ育む農法」と呼ばれているらしい。アイガモ農法のアイガモのようにコウノトリがせっせと雑草や害虫などを駆除してくれる......というわけではなく、絶滅が危惧されるコウノトリも育つことができるいい環境......という意味。

カップお気に入り度:★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

#cup020:竹泉醇辛:田治米

竹泉醇辛(ちくせんじゅんから):田治米竹泉醇辛(ちくせんじゅんから):田治米

竹林の風景がプリントされているお気に入りのデザイン。竹は黄緑、筍は小豆色。アクセントで一本だけ竹が筍と同じ小豆色でプリントされているのが秀逸。落ち着きのあるデザイン。この蔵元の普通酒の「タケカップ」というのがあるらしい。こちらのカップは、絵柄はこの「竹泉醇辛」(バンブーカップ)と同じだけど、赤と青を使っていて、なかなかきれい。

キャップを開けると、いい香りが漂う。アルコール添加の普通酒より、やっぱり純米酒のほうがおいしい。竹泉醇辛の名に違わぬ芳醇な味わい。辛口は概ね淡麗系の仕上がりになるものが多い(特にカップ酒で顕著)ので、濃醇系好きの自分にはこの味わいは魅力。

ちなみに蔵元の田治米の「田治米」は「たじめ」と読む。お、キリ番 20 本め♪

カップお気に入り度:★★★

add this entry to...  Yahoo! Bookmarks  Google Bookmarks  Hatena Bookmarks  del.icio.us  livedoor clip  Buzzurl

Index of all entries

Home > cup > hyogo Archive

Search
Feeds
Flickr Photos
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called cups. Make your own badge here.

Return to page top